注目記事⇒ひと月の収入実績ブログ広告.com紹介夢と金の月10万の秘訣キラーコンテンツを探せ!?

ワタシの旅は知らず知らずのうちに終着点付近だった

最近、気づいたことがあります。
それは、わたしのステージは、既に終着点付近なのではないだろうか?

わたしは今、31歳ですが、0歳から30歳までの人生の点を線で結び、その延長線上に何があるか?ここら辺が、最近にようやくしっくり来てる感じで、2つの答えが去年の梅雨明けくらいから出た感じです(笑

まず、ひとつが人間という生き物の思考のレベルが私の想像していた以上に低かったという点で、小学校~20歳くらいまでの私は馬鹿だったのか、これをはかりかねていたようです。よく、20歳くらいの若者が根拠のない自信でなんでも、できるような感覚を覚えることがあるようですが、私は全くの逆でかなり臆病、慎重な性格なので、むしろ過大評価してしまっていたようですね。
これは逆にいえば、他人に理想を求めすぎていたのかもしれないと反省する部分でもあるんですよね。

もう1点の気づきというのが、私の幸せの器は、予想以上に小さかったという点。人には自分が幸せと感じる目安、ボーダーラインというものがあって、この幸せを入れる器が予想以上に小さかった。私って元々、そこまでがつがつしているタイプでも、欲があるタイプでもなくって、幸せのために何かを努力するという、こと自体が無理だったのかもしれませんね。

少し、私の死生観についても触れておくと、25歳くらいからだと思うんですけど、既に今生に悔いなし、という感じで、積極的に死のうとは思わないけど、明日死んだとしても、特に後悔はしないかな?というような感覚もあった。
私は痛いや苦しいが大の苦手の臆病人間なんで、死が怖いというよりかは、死ぬ前の苦痛が怖いという感じなんですよね。
ただ、やはり25歳くらいからなんですけど、親への感謝の気持ちってものも人並みに芽生えてきて、寿命の目標としては、親よりは後に死ぬってことと、兄弟姉妹の死は見届けるってこと、私は結構な確率で独居老人になってしまう可能性があると思うけど、その可能性は兄弟姉妹も十分にあると思う。

私は真の意味で孤独を愛する人間なので、体さえそれなりであれば、全く老後一人なのは寂しくないんですけど、兄弟姉妹は私と違って結構心が脆いような気がしている。

ちなみに真の意味で孤独を愛するというのは、孤独を愛するなんて言葉を使う人間の95%は単なる極度の寂しがり屋だと思っているからです。本当に孤独を愛する人間は、孤独になるためのスキル、距離感の取り方が絶妙に上手くなくてはならなく、はっきりって人付合いが苦手なような人が真の意味では孤独は愛せません。加えて、私は小学校くらいまで、家族、周囲からかなりチヤホヤされて育った経緯がありますので、ある意味で人との繋がりに満足してしまっているんですね。
もし、良好な孤独という言葉があるのならば、それは自分を中心とした周囲との距離感が適度に保たれた状態。これこそが真の孤独なのだっ!!

戯言はさておき、これらを踏まえた上で、私は今後何をしていくのか?

これが最近の人生のテーマになっているような気がする

まず人生の終着点付近というのが、私の理想の限界点付近という意味でもあって、色々と考えてこの次のステップに進むために絶対的に必要なのが他人
そして、現代を生きる他人とでは、次のステップには絶対に進めないこともここ5年、10年くらいで理解した
可能性があるとすれば、全てが整った段階の新しい世代なんですけど、どう見積もっても私が生きているうちには無理。150~200歳くらいまで生きたとしても多分無理だろうな(笑

ちなみに、これはほぼ断言してもいいですけど、思考という意味では人間の劣化はどんどん進んでいくはず。まさに、多勢に無勢で、強い思考の持ち主も、この大きなうねりに飲み込まれてしまうような気がする

私の好きなエンターテイメント業界にもこの兆候はとっくにあらわれていて

ゲーム、漫画、アニメ、お笑い、芸能、すべてがおそろしいくらいに劣化してしまったね。これらすべてに通じるのが思考能力の低下で
そう考えると、1980年代から2000年くらいまでのエンターテイメント業界をリアルタイムに体験できた私たちって、1000年、10000年に1回レベルの特異点に遭遇した感じで、めちゃくちゃ貴重な体験をしたんだなあって思う。これについてはとっても感謝してますね。

私からのアドバイスとして、これから日本が本気で取り組まなければならないのが、教育で、現状ではお話にならないレベルで力の入れようが足りない
さらに、教育改革に対する理解度が必要で、ここは他人の子供のために自分がどれだけ犠牲になれるかの自己犠牲の精神にしか成り立たない

既に20歳くらいの若い連中が自己犠牲を覚悟しなければならない段階に来てるような気もする

また教師は聖職者でなければなりません

教師も人間、それはもちろんですがここは行ける伝説、王貞治さんの名言を借りると

「プロは人間だと思っちゃいけない」「プロはミスしてはいけない」まさにこの言葉に集約されてますね。
つまり、このくらい考えを持っていると、丁度プロフェッショナルくらいにおさまるのではないでしょうか
それを、ツイッターで愚痴、教師は聖職者という理想はやめろ、などとなめたことを言っているようではお話にならない

歴史をさかのぼれば、教育は凶器にもなりえて、子供を殺人鬼に変貌させることもできるくらいです。
実際にどっかの国の独裁者がこれをやって、甚大な被害を出してますからね。

理想の追求、それを守る強い精神力、それを次世代に伝えるためのバランス感覚、最低限この3つが揃った人材が一般市民レベルに存在して第一段階クリアで、それすら至難技

まあ、私の理想論を散々言ってきましたが、私はそれほど積極的に頑張るつもりはなくて(笑

その理由は日本の精神『思いやり』『おもてなし』の差です

思いやりって、人によって感じ方があると思います。思考が発達した人間の思いやりと、思考の発達してない思いやりとでは差があって、両方が本気で誰かを思いやると、必ず差が生じ、私はこの差を損得勘定で考える変わり者で、そこで損をするのが許せない人間でもあるんです。

こんな感じで、私が本気で頑張るってどんな時なんだと考えてみたら、それは周囲の人が全て私と同じくらい、もしくは私以上の思考的バランス感覚を持ち合わせた時点。これは空想中の空想で、クローン技術でも開発して、私のクローンをどんどん量産して、他の星に移住とか壮大な計画になって、ガンダムのコーディネイター、強化人間かよっ、と突っ込みをいれるレベルの机上の空論なんで、まあ無理ですね。

最近よくささやかれている、機械が人間に追い越される、それがあるとすれば、人間の能力劣化しか考えられなくて、もし思考的バランス感覚で機械が人間を上回るようなことがあれば、まさにスカイネットの世界で、人類終わりの時ですね。

人間の脳程度も完全に理解もしていない状態で、それはまずありえないような気もするけど・・・

人間が機械にプログラムを打ち込んでいるうちは、機械は所詮機械なんだろうな

そいで、私がこれから何をやっていくか、私今とっても興味があるのは、バランスの整った思考って感じで、どんな環境がこの思考を生み出すのか?ってのを趣味にして、同じく趣味のレトロゲームでもやりながらゆっくりと余生を過ごそうと思ってます。
ちなみに、ライティングってのは予想以上に私に合ってるようなので、これからも続けて行こうと思う。

そろそろ眠たくなってきたので最後に

これは警鐘ではない、事実だ。


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ワタシの旅は知らず知らずのうちに終着点付近だったの関連記事

B層が腑に落ちた日(敵は強大なり)

みなさん、B層という言葉をご存知?

お恥ずかしい話、わたしは知らなかったんだけど、事の発端はいつものユーチューブでの動画あさり
ゲームの動画を観ていたんだけど、紆余曲折で、政治関連の動画にたどり着いた。そこのコメント欄にB層なんやらかんやら、と書いてて明らかに皮肉ったニュアンスだったので、悪い意味なのはわかったけど、どうやらしっくりこなかったんで調べみたの

どうやら、小泉政権時代前後の遺産のようで、この人は日本の選挙に戦略型のPR会社を導入した人でもあって、昔なんかの本で読んだことがある。アメリカではそれ以前より当たり前の選挙戦略のようなんだけど、まさかB層ってのがそこに関係してるとは思わなかった

このB層ってのが、選挙戦をするにあたって、戦略PR室が国民を仮想のグループに分けたもののようで、A~Dまでのグループに分けられているんだってね

そして、それについて書いてあるホームページを観て、B層は馬鹿のBなんだ(笑、と光の速さで結びついたね。
わたしは、このブログで、騙される層のことをひとくくりにして、ばかだのあほだの暴言を吐くことが多いけど、それがB層なんだね。
ついで、A層は、B層を騙すグループで、私がよくこのブログで、言ってる広義的な意味での詐欺師に値する。

しかし、4グループのうちA層とB層に関しては、ビジネス的な観点で、なんにでも当てはまりますよね!!
A層は、馬鹿のB層をだますアホってところなんですけど、ネットビジネスなんてまさにこれっすよね~~
いかにB層の馬鹿を抱え込めるかが重要で、これこそが私のアフィリエイター、インフォプレナー、IT系社長あたりの嫌いな部分

さらに私が嫌いないユーチューバーも、もちろん当てはめることができて、特徴的なのが、ユーチューバーもリスナーもB層に入ってしまうという点。この場合A層はユーチューブ自体とか、メディアとか、より大きなものになってくるはず
これは個人的な感想としてかなり歪な構造で、問題なのがB層でユーチューバーをやっている人の一部が、大金持ちになれてしまうという点
これは前時代のメディア、エンターテイメントであるテレビ、新聞より悪いケースで、ある意味マスゴミが牛耳っている、前時代のメディアより混沌としていると思う

まぁ、これは上に書いたアフィリエイターなんかにも当てはまって、ネットビジネスってのはA~D層の境が曖昧なんだろうな

次にD層だけど、残念なことに、この国民たちは戦略からは除外されていて、色々な意味で社会的に立場が弱い人
簡単に言ったら、ひねくれ者で、劣等感、猜疑心、焦燥感、嫉妬心などなどが複雑に絡み合っている人たちでもあるね。
ひねくれ者は、人を認めること=負け、という強迫観念に縛られていることも多く、政治家といういわゆる勝ち組を認めるなんて言語道断な人たち。こんな感じで、戦略的には使い物にならないと判断された人たち

ただ、最近のネットではこのD層が、いわゆるB層を燃え上がらせて、利益や知名度をA層もしくはA層の皮を被ったB層を献上するという事例がよく見受けられて、いわゆるアンチと信者の関連性だね。そんな意味では、ネットは政治家よりも賢くD層を使っているのかな?

私的な見解としては、D層の負の感情を解消してあげても、A層もしくはB層になることがほとんどで、かつてD層であったことの反動から、より醜いA層に変貌する可能性もあるので、私がD層に仲間意識を覚えることはないだろう

ちなみに、小泉政権時代のPR会社はこのグループ分けをするにあたってのポイントに、職業やIQを関連づけてたみたいだけど、私はIQが高くても低くても、馬鹿は馬鹿だと思っているので、特に加味してません。もしそうなら、D層がA層に変わるなんてことありえないからね。グローバル化の影響で選択肢が急激に増え、人間の均等化がなされた昨今においては、ピラミッドの頂点と、最下層のA層とD層の差なんて曖昧なもん。まあ、これはA層の質が昔に比べると、著しく落ちたという点も関係あるんでしょうね。

最後にC層なんだけど、これは一概に○層とひとくくりにするのが難しい人達でもあって、陣営にとっては敵、金持ち喧嘩せずといった感じの人達で、なぜなら日本人の大多数はB層と仮定されているからで、無理にC層に喧嘩をけしかける必要はない。
個人的な見解では、A層を叩いて、優越感もしくは利益に浸る人達というのがC層をひとくくりにする場合、一番良い表現だと思った

ここまでがA~D層の戦略PR会社による4グループ分けです。こっからは私の主観

まず、A、B層というのは私にとっては完全に敵で、表立ってそれを示すことはないものの、潜在的な敵。といっても、私が面白く生きるための障害程度のもんなんで、特段、強い嫌悪感を抱いているというわけではない

続いて、D層は味方になる可能性もある存在で、個人的な願望としてはこの層に持ってほしいものは覚悟ですね。そんなに国や人に不安を持っているのならば、自分が犠牲になってでも、国や人を良くするという覚悟。
しかし、この層の特徴として、心の弱さが挙げられるので、99%はそんな特攻隊長になれるような人材にはならないでしょう。

そして、今回も説明が最後になったC層ですが、世間ではこのC層がA層を崩す鍵なんて言われていますが、C層の内訳を考えてみると、私はそうは思わなかった。
C層の中には、運動という形で、世直しをしようとしている人達がたくさんいらっしゃいますし、かなりまともで鋭い意見を投げかけるような評論家などもいるのですが、その大多数がその立ち位置に満足しているという人達
特に運動をして何かを変えるのではなく、運動をしている自分が好き、悪いことを悪いと言えれば良しで、終わっている人達が多数という点

A層には悪いことをする政治家をはじめとしたお偉いさんはたくさんいますが、私はどうにもそのような人達を積極的に責める気にはならず、なぜならB~D層の多くがA層の素養を持っていると思っているからです。

そんな意味で、A層とB層を切り崩すために本当に必要なのは全く新しい新勢力E層なのではないのか?夢物語ではありますが、E層がA層とB層を払拭できた場合、今度は大多数のC層、D層が敵になってくると思う。

ちなみにE層はexecutor、executeのEで、今の時代でこれが誰に当てはまるのかというと、上のD層1%未満の人材、加えて、C層5~10%の人材(希望的観測)+これから生まれる子供達なのではないかと思っています。


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

B層が腑に落ちた日(敵は強大なり)の関連記事

フェーダ(ジ・エンブレム・オブ・ジャスティス)をやってみた感想

今日は、レトロゲームで久しぶりにエンディングをむかえたゲームがあったんで記事にしてみた
なにせ、わたしにとってのレトロを指す、スーファミ全盛期ってのは、『魑魅魍魎が跋扈する』じゃないけど
FF、ドラクエ全盛期のようなゲームもあったかと思えば、ゴミゲー、クソゲーも多数存在するので、王道ゲーをあらかたやった後では、どうしても残ったゲームのクソゲー率が高くなってしまう

そんな意味ではフェーダ(ジ・エンブレム・オブ・ジャスティス)は久しぶりにエンディングをむかえてみて印象に残った

まず、このゲームに行き着いたきっかけなんだけど、ランドストーカーについて調べていた時
このゲームはメガドライブの中でも、かなり絵が魅力的な作品なんだけど、グラフィック担当が玉木美孝さん、という方
メガドライバーの間ではかなり有名な人で、この人が描くケンタウロスとか、エルフとか、サッキュバスとかが魅力的で、かなり味のある絵を描く人なんだよね。

聞く人が聞けば、シャイニングフォースのグラフィック担当で納得するはず

そして、フェーダもこの人がグラフィックを担当してるんだけど、ゲームをやってみると、キャラクターにシャイニングフォースやランドストーカー、ザ・ダクネスとの共通項がありすぎて、ひとりでテンションあがってた

まずゲームシステムがシャイニングフォース(神々の遺産)似てて。難易度も同じくらいで、シミュレーションRPGの中ではめっちゃ簡単

リブラ値によるコスモスサイド、カオスサイドのストーリー展開がこの作品のオリジナルシステムでもあるけど、今回は説明書もないし、ネットも検索しなかったので、ただ思うがままに私のプレイスタイルであるレベル上げまくり、敵を虐殺しまくりでプレイしたので、もちろん一番カオスよりの称号ジェノサイドプレイとなった。
おそらく、このプレイ方針がこのゲームの難易度を一番下げるやり方だと思うので、そんなこともあってシャイニングフォース1並に簡単に感じたんだろうね。ヒーラーが全くいらないレベルのゴリ押しプレイが可能

リブラ値について全く知らなかったんで、途中でシェーンが消えて、バグか?最初からやり直すか?で迷ったけど、そのままやってよかったわ

キャラクターにクライマックス作品のキャラと被る奴が多すぎて、こいつはザッパ様だな、こいつはアレフだな(笑
みたいな感じがあって、これはこれで楽しめた
そんなんわけなんで、気になったキャラクター紹介から

○アイン・マクドガル
主人公ブライアンの相棒。ウルフリングかつ強キャラということで、ザッパ様しかいねえよ(笑。爪じゃなくて刀装備なのは残念だけど

○ドーラ
最初からついてきたメス狐。こいつはフォックスリングということで、大魔導師アレフを彷彿とさせた。ただ、アーチャー系でどちらかといえばハンスよりか

○ダン
リザードマンが種族で、シャイニングフォースでは専ら敵役が多かったので、念願の自陣リザードマンとなった
鈍足だけど、力と防御が異常で、必殺技の使用上、必中の範囲攻撃ハンマースイングは殺傷能力高すぎ
シャイニングではガンツや戦士系が近いっちゃあ近いけど、こいつらとは比べ物にならないくらい役立つ

○トビカゲ
必殺技の手裏剣が反則級で、撃破数ではトップだったんじゃないかな?アームドウィングという種族だけど、シャイニングではリメイクの黒き竜のズイカだろうな多分。宿敵ラセツも実は結構武人だったり、BGMがこの作品では貴重なかなり和よりなサウンドだったりで印象に残った

○ロイス・ヘッグマイヤー
敵の4提督の娘で解放軍という、RPGにはよくある王道を地で行く娘。人間の娘だけど、シャイニング的な立ち位置ではバリオスの
娘のメイだろうな。能力はそれほど高くはなかったけど、ワンポイントで使える必殺技のフリントライヤーはかなり多様させてもらった。遠距離攻撃なのが良いよね

○クリストファー・ティグット
記憶を失った老騎士ということで、幻想水滸伝から友情出演(笑。もうマクシミリアンしか思い浮かばなくて、それもあってかずっとレギュラーで使ってた。酒浸りのバンガードとは違うね

○メラネウス
前大戦で有名だったらしいおっさんがくれた兵士。飛行ユニット+バランスの良い攻守ということで、めちゃくちゃ役立った。同じく飛兵のジェダ+ティータがゲーム後半、息切れする中、こいつだけは安定して活躍した。こいつは、かぶるキャラがいないな

○スティンガー

超強力なMAP兵器(笑)を持つ武器商人。こいつの種族はヒューマンだけど、もうシャイニングでアサルトキャノンをぶっ放すライルにしか見えない。ボルトファニングの有用性がとにかく高くて、高レベル時は敵を一掃できるレベル

○コノリー・ラフレシア

なんちゃって少女で、物語のピンチを助けるのは大体コイツだったり。ロウよりのユニットなのに、なぜかジェノサイドでも最後までいたりと、正体が気になる少女。戦闘不能にならないという特性を持っているらしいが、さしずめピーターというところか?

○ジニー・ロックウェル

おそらくアーサー的な立ち位置の騎士で、レベルをじっくり上げるとかなり強くなるんだろう。しかも、グラフィックがめちゃくちゃ可愛らしくて、ぜひ仲間にしたかったんだけど、どうやらコスモスサイドでしか仲間にならないらしく残念。同時期に仲間になるシシマルのお前じゃないよ感は凄かった

○リョウカン

エロ坊主かと思いきや、普通に徳の高いお坊さんだったよう。シャイニングのゴングとかぶるんで、あぁこいつつかえねえわ的な雰囲気を出していたいたけど、使ってみるとかなり使えた。回復魔法のコストパフォーマンスが良すぎて、ブライアンかアインを敵陣に突っ込ませて、次のこいつの行動で回復するというのは鉄板戦法になっていった。あと、こいつの専用装備のようなエライ高い槍があるけど、なぜか3マス先に届く有用っぷりかつかなりの攻撃力となっているので、相当使えるキャラだった

○ソニア・ブルームーン

ダークエルフということでミシェエラ姉さんを思い浮かべる。ただ、属性による魔法防御の落差が大きいようなので、魔法は冷遇されているように感じた。いちいち属性を調べるなんて、面倒くせえし、しかも表記がわかりにくい

○ランス・スレイダース

上で紹介したマクシミリアン(クリフトファー)の部下なんだけど、ランスという名前+騎士という設定で、ラングリッサーシリーズのランス・カルザスを思い浮かべた。なんかグラフィックも黒を連想させる感じだし、シャイニングであえて例えるならアーネストってところか

???フライデー

攻略サイトによるとデータ上にサキュバスが種族のフライデーというキャラがいるとのこと。これはもうランドストーカーのフライデーしかいないでしょう。リメイク版でも出てはいないようで、これはぜひ出してほしかったな~

次に不満点なんだけど、ゲームのオリジナル要素でもあるリブラ値
これははっきりいっていらなかった。せめて、リブラ値を入れるなら、リブラ値の上下を利用して、全キャラクターを加入させられるようにしてほしかったのと、リブラ値の変化によって知らないうちにキャラが消えるなんてのは、もってのほかだな
カオスプレイの場合は難易度はかなりユルい設定なんで、どうせならシャイニングフォースのリターンのような魔法で、どの場所でもいくらでもレベル上げできるようにしてほしかった
個人的にキャラが結構立っているゲームだと思ったので、これができないのは非常に残念

良かった点は、世界観が割としっかりしている点と、サウンドにBGMにぴったりなのが採用されていたという点
なかなか耳に残るBGMが多くて、どちらかといえばデアラングリッサーよりの音楽という感じだな
このゲームも戦闘のBGMに耳に残るのが多いし
FF系は神曲、良曲が多いけど、あくまでも曲として独立していて、あまりBGMという感じではないしね。作業用BGMなんて名目で紹介されていることも多いけど、どう考えても作業妨害BGM(笑。あまりに良すぎて聴き入っちゃう

・カウンターアタッカー、CHOP、LOOPとかは、戦闘系のBGMとしてはかなり秀逸だと思った


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

フェーダ(ジ・エンブレム・オブ・ジャスティス)をやってみた感想の関連記事

ゲーム音楽 新境地開拓を求めて、その壱

少し前にわたしがこよなく愛するゲーム音楽で、新たなる名曲探しをしていたんだけど、

http://adams-wiki.com/game-kamikyoku-ryokyoku

このページに掲載されているもの以外という条件で発掘を行ってみた。わたしがあまり知らない最近の割と新しめな曲を中心に探してたんだけど、やっぱりなかなか見つからない
100曲に1曲くらい名曲が見つかるか、見つからないかという感じで、それでもいくつかは見つけることができたよ

●ごきんじょ冒険隊(SFC)通常戦闘曲

今回、一番の収穫でこれはスーファミのゲーム。まさか、わたしの知らないスーファミゲームにここまでの名曲が混ざっていたか!!
と驚かされた。この曲だけ、めちゃくちゃ気合いが入ってて、曲は当時の作品としてはかなり長いんだけど、伸びが凄くまったくだれることがない
ゲームもなんか、昭和のほのぼの系漫画を思い起こされる感じの、キャラクターがかなり可愛らしいゲーム

●まもるクンは呪われてしまった YO-KAI Disco

これもかなりの名曲で、今回2番目の収穫かな。ゲームはXboxということで、わたしが全く触れていないジャンル。Xboxの正式タイトルなんだけど、なんか東方の避けゲーっぽいゲームなんだけど、この曲だけは圧倒的だったな

●スプラトゥーン シオカラ節

これは最近の超有名ゲームだけど、主題歌?のシオカラ節は名曲だと思ったけど、ゲーム音楽ってのとは微妙に違うような気もする。てか、この曲を聞いてスプラトゥーンをやってみたくなったんだよね~。やってねえけど(笑

●ガントレット(MD)March in the DarkとSortie

メガドラの知る人ぞ知るゲームガントレットですが、MD移植版は非常に音が良い。初代メガドラ屈指といってもいいくらいの音で、ランドストーカー、ラングリッサーなんかにも匹敵するレベルだと思う。上の2曲は、最初に選べる4つの塔のうちどれか2つのBGMだったと思うけど、めっちゃ 良い

●真・三國無双4 行軍

これは知らなかったわけではないんだけど、曲名がわからなくて、まあ4では関羽千里公なんかでかかる曲だね。これはもう神曲といっても良いレベルで、三國無双の中では圧倒的だな


ここからは、巷では名曲といわれているような曲についての感想

●決戦ディアルガ
ポケモン系ではかなりの名曲と噂だったけど、はっきりいって名曲の基準をHG、SSのフロンティアブレーン、VSワタルあたりにして、それと比べちゃうと、全く物足りない。強いて良い部分をあげるとしたら、入りのみで、名曲、神曲というのはこの入りからの盛り上がりが重要なんで、良曲どまりだな

●大神 太陽は昇る
これも、駄曲とはいわんけど、和のサウンドに頼り過ぎていて、これだけ長い曲なのに平坦すぎてメリハリがない。これも和サウンドの極致ゴエモン全盛期には全く及ばない感じで、ゴエモンサウンドは和を昇華してるけど、これは和を使っているだけで、圧倒的な差があるな。 

でろでろ道中の「カッパ街道」、「カイワレ街道」、ネオ桃山「コンピラ山(逢いたくて未練階段)」まあ、戦闘曲とフィールド曲なんで系統はやや違うけど、ここら辺が和を昇華させるということなのだよっ
てか、コンピラ山の石段の音、最近タイトル知ったんだけど、これはかなり興味深かった
曲調はめちゃくちゃカッコよい感じの曲なのに、実はそんな恋心を歌った曲だとは!!!

石段の向こうのあの娘(おみっちゃん)に逢いたくて逢いたくて、って感じなのか、これはなかなかグッとくるタイトルだよね。

●ロマンシングサガミンストレルソング 決戦サルーイン

ここら辺から伊藤賢治神話は崩れ去ったのかな?を感じさせる曲。ロマサガ2~3あたりの戦闘曲を知ってて、こっちの方が良いといってるのは、耳が腐ってるのか、脳がいかれてるのか?というレベルで、おそらくは伊藤賢治が作っていれば、なんでも良いという奴らなのだろう
伊藤賢治さんは、やっぱり限られた条件の中で音を組み立てるのが抜群に上手い人なんで、はっきりいってロマサガシリーズに限っては高性能機の音作りは向いてないんじゃないかと思う

それを体現しているのが、パズドラのBGMで通常ダンジョンとかテクニカルダンジョンのBGMで、最近のこの人作曲のゲーム音楽をいくつか聞いてみてけど、一番まともなのがこのパズドラだった。
このくらいの領域での曲作りが彼にはおそらく一番向いているんじゃないだろうか

これはもう好み、趣味のレベルではなく、普遍的価値、絶対値の差なんだよな~。少なくともこの普遍的価値や絶対値を読み切れないやつはゲーム音楽のというか、評価自体をやめるべき

●ファイナルファンタジー12 ビッグブリッヂの死闘

案の定クソ曲化。聞いた瞬間、やっぱりな~を声に出してしまった。FF史上に残る伝説的な神曲をここまで下げられるのはある意味才能。ミンストのサルーインも普通~良曲の間くらいはいってると思うけど、これは神曲をいっきに普通レベルに下げてきたよね。もう3から4段階くらいレベルが下がってる

●クロノクロス 時の傷跡 

クロノクロスではかなり有名な曲なようで、有名演奏者による演奏会なんかも開かれているらしい。ただ、前身のクロノトリガーの「時の回廊」「みどりの思い出」にはまるで敵わない。入りはあの音色なんで、良いと思うけど、そこからのまとまりが皆無でバランスが非常に悪い。鳥肌というような意味なら「みどりの思い出」だろな。というか、巷で有名な名曲、神曲でわたしがそこまで良いと思わないものは、尻すぼみな曲が多いイメージ


比較的新しいゲーム機を使った作品はほとんどがダメで、スーパーマリオギャラクシーのパープルコメットくらいの音を作ってくれりゃあ納得するのに
そう考えると、ゲームはどこの会社が作ってるかわからんけど、任天堂はすげえよ。やっぱ
まあ、ユーザーの劣化に追いついていけなかったのが、敗因なんだろうな(笑


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ゲーム音楽 新境地開拓を求めて、その壱の関連記事

自虐史観とゲーム脳と無関心

最近、色々と考えていることがあって、そんな事柄について淡々と語っていこうと思うよ

まず自虐史観で、戦後レジームの始まりともいえるものなんだけど、はっきりいってこれには随分、疑問符がある
特にわたしと自虐史観なんて、対極くらいかけ離れたもので、わたしたちの学生時代もそうだけど、ぶっちゃけ歴史なんて所詮は過去のことって人が大多数という感じだし
これは恵まれていたのかもしれないけど、教師連中にも反日教育を真っ向からしてる人なんて一人もいなかったんじゃないかな
歴史は過去のもの、つまりは無関心ってことだけど、さらに最近になってそれが顕著になっているとも感じる

最近はインターネットもかなり浸透してきて、それなりに歴史に興味のある人なら19~20世紀の世界の歴史なんてある程度知っていてとっくに洗脳は解けていて、残りは大多数の無関心、そしてごく少数の売国奴って感じで
まぁ、朝日、NHKあたりが積極的に煽ってるから、パッと見、大騒動って感じだけど、どう考えても既に独り歩き状態なんだろうな。(稀に牛歩で
朝日はかの国から見れば優等生らしい(笑笑笑

まぁ、そんな感じで自虐史観なんてのはほとんど感じたことがないわけだけど、無関心というのもそれに勝るとも劣らないくらいもんだよね

ちょっと話は変わるけど、わたしが小さな頃に一時期『ゲーム脳』なんて言葉が流行った。最近になって、実はゲーム脳は嘘だったのだよっ。みたいな研究が海外の人達から発表されたりもしているようだけど
わたしはいまだにゲーム脳はあると思う

ゲーム脳にも2種類あって、レトロ型ゲーム脳、スマホ型ゲーム脳です

ゲームと共に育ったわたしは、まさにレトロ型ゲーム脳で、わたしという人間を作り出すのになくてはならない要素だったとも思ってる
というのも、わたしの時代にはとにかく良いゲームがたくさんあって、家でやる遊びなんてゲームくらいしかなかったし、選択肢が狭い分ゲームに人が集中した感じ
また、クリエイター連中もゲームで一山当てようという意思をビシビシ感じさせてくれるような作品をたくさん出していて、その相乗効果でまさに黄金期といっても良い時代だった
わたしは、この時代に作品を見極める目を養うことができたと思っていて、これをゲーム脳というのならば、ゲーム脳に感謝だね

確かゲームと現実の区別がつかなくなって、犯罪を起こしてしまうみたいな、『キレる17歳』なんかともごっちゃにして報道されていたような気もするな
この17歳世代ってのがまさにわたしの世代

この手のゲーム脳が本当に存在するなら、今のゲームなんておそろしいほどリアルだから、毎日が大量殺人だらけじゃん(笑
この理論は、ゲーム脳が想像力の欠如を招くという理論とも関係あると思うけど、わたしなんかはむしろ、ゲームで想像力を培ったタイプなんで思うところはある

例えば、パワプロ君ってキャラクターがいて、パワプロってゲームの全般を指すキャラクターなんだけど、今でこそ余計な脚色がされて、髪型や表情なんかがついたりもしてるけど
わたしがリアルタイムに向き合ったパワプロは、パワプロ君についてるのは基本は数字だけ。もちろんサクセスモードでは割と個性的なキャラが出たりするけど、試合パートは完全にパワプロ君だけなんで、背番号や記録、能力で判断する

わたし、これほど想像力を掻き立てられるゲームはなかなかないと思っていて、パワプロ君がオリックスでイチローの背番号をつけてたら、わたしの中ではあのイチローが思い浮かぶし、ヤクルトで古田の背番号をつけていても同様

わたしは最近思うんだけど、例えばドラクエ6をわたしと、最近の若い人たちがプレイすると、実は脳内で展開されている映像は随分違うものなのかもしれない、なんてこと

最近、ワンダと巨像っていうPS2ゲームの話題がどっかのサイトにあがっていて、記事の中に当時のゲームは

プレイヤーの想像を裏切らない
裏切られるだけの情報がない

なんて言葉が書かれていて、これは良い言葉だなって思った。PS2のゲームなんで、わたしの世代とはまたちょっと違うけど、確かに黄金期のゲームも想像を通じての創造を許してくれたり、決して裏切ることもなかったな

ちなみにわたしはワンダの巨像をプレイしてないんだけど、わたしの第一印象がおそらく名作なんだろうなって印象
というのもネットの温度を見てるとなんとなく想像できるって感じで、そのうちやってみたいとも思ったりする
それと、ワンダの巨像って発売以来定期的に話題にあがる作品で、実は製作者があの飯野さんとも関係あって、Dの食卓の制作にも関わっていたとか、いないとか


続いて、スマホ型ゲーム脳なんだけど、これもモンスターストライクを通じて1年ほどスマホゲームを楽しませてもらったけど
子供に悪影響を与えるゲーム脳としては、スマホゲームの方が圧倒的に強いという印象

レトロ型ゲームは想像力というメリットをわたしに与えてくれたけど、スマホゲームは考えてみても、一切メリットはなさそうだね

まず、これらのゲームのほぼ全てに当てはまるのが、作品の付加価値にお金を払うという部分が大きく欠落してること

簡単にいうと、馬鹿にどれだけガチャをまわさせるかが重要で、これに脳が発展途上の子供が巻き込まれたらたまったもんじゃないだろう。ただ、ぶっちゃけスマホゲームって割とお子様向けよりかは、ある程度資金力が豊かな中年、トレンドに左右されやすい20代くらいの人達をターゲットにしている感じもあるけど

次にサービス終了まで終わり(エンディング)がなく延々と追加要素が出されていく。モンストに限っては、わたしがはじめてから数カ月は非常にゲームバランスが秀逸だと感じた作品で、その作品すら相次ぐつぎはぎにやられ、現在は燦々たる状況になった
というかこの段階まで到達してしまうと、正直クリエイターがどうのとか、運営がどうのとかのレベルではなく、誰がなにやっても悪い方向にしか進まないと思う
そういう意味ではモンストは既に終わっているゲームなんだけど、スマホゲームの特性でまだまだ終わらない

個人的にこれは道理や真理の部分で、スマホゲームに本当の意味のエンディングがないのがダメなのは、極論を言うと不老不死の人間などいない、ってことと同じだと思う
もちろん、こんなゲームばっかりやって成長していった脳は、大した感性はもたないだろう

また、スマホゲームやネットゲームについては一般的な防衛学の観点からも注意が必要な部分があって、中国なんかではゴールドファーマーなんて言われる人達が暗躍していて、国ぐるみで外貨獲得に乗り出しているケースもあるよう
まぁ、これが本当の近未来型、百姓の姿なのかもしれないね。ゴールドファーマーは電子農夫なんて揶揄されることもあるようです(笑

これは勘ぐりすぎかもしれんけど、こんな事例を見ていると、中国や韓国でネットゲームが異常に発達した背景も見えてくるようなきがしないでもない
ぶっちゃけネットゲームやスマホゲームは、使い方によっては、十分にサイバー戦争の戦術として国崩しの一環で活用が可能だと思っている。

これはナイアンティックにまつわる陰謀論なんかが出てくるのも不思議ではないよね

わたしは趣味で今の子供達を最強にするとしたら、どんな学問が必要になってくるんだろうって考えることがあるんだけど、最近ひとつの結論が出て、それが防衛学だね。これって他国では割と当たり前のように取り入れられているようなんだけど、大きなくくりでは国を守る学問でもあるから、愛国心、拠り所、アイデンティティの形成なんかにも役立つんじゃないかな
もちろん、想像力、生活向上などなど様々な部分に応用もできそう

はっきりいって、クソの役にも立たない、小学校~高校レベルの英語を学ぶよりはずっとましだと思います
あんま好きな言葉ではないけどグローバル社会で活躍するための英語を身につけるんなら、間違いなく英才教育や専門教育が必要になってくるくらい世界のレベルは上がってる

まぁ、ダンスの代わりに防衛学でも良いと思うけどwwwwwwwww

こんな感じでモンストへのうっぷんもはらしつつ、次の話題で、最初の方で自虐史観と無関心は同じくらい愚かと言ったけど
そもそも、GHQの日本弱体化は2本の矢で行われていたのではないか?と思ってもいて、偶然そうなったのかもしれんけど、1本目がご存知、歴史の教科書などでも紹介され、売国奴のみなさんが拠り所にしている部分だけど

2本目がわたしが感じている国民の無関心、没個性、想像力の欠如なんかで、ここ5年くらいでその印象がより色濃くなってきたと思う

無関心というのは想像力の欠如を招き、最終的には許容量の低下に至ると思う

基本的に、現代人はこの許容量の低下が著しいという感じで、最近これをあらわすコンテンツとしてPPAPが追加された
まさにAKBの後釜で、AKBについてはアイドル好きのわたしからすると、それなりに認められる部分もなくはなかった
しかし、このPPAPなんかは、どこをどう見積もっても、良い部分がわからない感じで、思考能力の低下もここまで進んだか?と2本目の矢は確実に人々に食い込んでいるね

最近は、ミニマリストなるものが流行っているけど(ちょっと遅い?、彼ら彼女らと切っても切り離せないのが断捨離
こんなのが受け入れられる背景には、ひとつは許容量の低下もあるんじゃないかと思っていて、脳の許容量が低く、脳内リソースが足りなくなっているからこそ、手放すということに固執する人達も出てくるんじゃないかと思っていて、酷い人になると半ば強迫観念で、ぼんぼん物を捨ててる人もいて、そのうち不法投棄でもしだすんじゃないかと内心ひやひやしてます(嘘

最近はこんな感じのことを考えてましたとさ


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

自虐史観とゲーム脳と無関心の関連記事

ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
お小遣いジャンル別ランキング

ライター部門

ランサーズ
月最高7万、年間20万以上の実績!!
お小遣い格付 唯一のSSS その可能性は無限大
ブログ広告.com
数年ほど年間10万を維持
書き直しOKで初心者に優しい
ブログミ
エッセー書いてサクサク稼ぐ 1件150円
効率的に稼ぐなら外せない

アンケート部門

マクロミル
多くが月に~1000円程度稼げる安定性
アンケート業界不動の№1
リサーチパネル
300円~目指せ毎月換金
抜群の総合力で使いやすい
キューモニター
ダイアリー系調査で年間数万の可能性が!!
女性・若者にめっぽう強い

ポイントサイト部門

フルーツメール
ビンゴで100円、メールで5円
これぞ王者の風格!!
モッピー
PCでもさくさくポイント
モバイル併用でさらに稼げる
ハピタス
安定した高還元率で広告利用に強い
広告数も多数で100%還元もある
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
忍者アドマックス
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示