脳内リソース制御はWebライティングの武器

今回は脳内リソースはウェブライティングのお話

2~3年ほど前の全盛期の私は、1記事600文字の案件を1日120~130件やったことがあり、ワードプレスへの投稿以来と合わせて、最大7万文字程度こなしたことがある。その結果、1日4万円を超える収入になったんだけど
その際の作業時間は、確か12時間。これはもう、脳内リソースを相当、効率的に使わなければ達成できない数字で、現在の私にヤレといっても無理だと思う

私のタイプとしては、追い込まれれば、追い込まれるほど力が発揮されるタイプで、この依頼の時もその日が締め切りで、その日初めて手をつけるって感じ。ちなみに、1ヶ月くらい納期に余裕がありました。アホすぎるっ(笑
ただ、私はこんな状況になると燃えてくるタイプなんで
この時は、締め切りが近づいたことによって、集中力が上がったんだけと思う

ウェブライターをやっていると、この脳内リソースについて考えることがあって、これはパソコンのタスクマネージャーのようなもので、CPUとメモリの関係。私は、超高性能CPUが元から備わっているので(笑)、後はどのようにタスクを振り分けるかが重要
ライティングをする上で最高の環境は、自宅の使い慣れたPCで、ノマドとかのスタバで作業するってのは、仕事できない奴の理屈なんで、基本は信頼してない

しかし、自宅のPCに誘惑があるのも事実で、スタバにいる綺麗なお姉さんやイケメンさんに煽られるのと同様に、ネット上には数々の作業を邪魔するコンテンツがある。基本的にウェブライティングする時はこれらをいかにシャットアウトできるかが重要になってくるだろうね。

朝、作業やります。から~の10分後にネットサーフィンで夕方17時とか普通にあります

それと、作業は朝食後に速やかに取り掛かるのがポイントで、私は微妙な完璧主義者なので、朝作業して12時くらいまで作業が続くと、妙な高揚感に見舞われ、残りも普通に作業することができます。なんか、朝10時くらいから、15時くらいまでしっかりと作業できると、その日1日を完璧に過ごした気分になって、このことからも初動は非常に重要だと思います

●ハンバーガーライティング/サンドウィッチライティング

これは私が勝手に作ったライティング方で、どうしても気が乗らない時に限り利用している。10記事の作業をするとしたら、1記事目をやった後に洗濯、2記事目をやった後に、食器洗いといったように、ライティングとライティングの合間になんかの作業を挟む方法です。こうすると、いったん気持ちがリセットされるのか、非常に時給は少なくなるものの、少しずつ歩を進めていくことができる。

ただ、脳内リソースという観点ではおすすめできない方法で、スターデルタ結線という仕組みがあるくらい、突入電流は軽視できないものです。電気と同じように、脳内リソースも始動に、最も大きな負荷がかかると思っていて、このライティング方法では、何度も仕切り直しが発生するため、リソースの消費量もどんどん増えてしまいます

●音楽は結局、邪魔になる

ライティングをする時に音楽を聴いている人もいるのではないでしょうか。作業用BGMなんて言われることもありますが、これも脳内リソースの無駄遣いになる。ただ、私は結構、音楽を聴きながら作業することもあるんだけど、ほとんどすぐに聴くのをやめてしまう。私が作業時に聴くのが、ゲーム音楽で、これは歌声なんかに比べると、圧倒的に邪魔にならないはずですが、それでも脳に圧迫感を感じることが多い

ただ、私はこの音楽を自分の調子をはかるのに使って、音楽を聴きながらでも問題なくライティングを続けられるようであれば、間違いなくその日の私は調子が良い。でも、よくよく考えると、そんな時って別に音楽があろうが、なかろうが作業は続くんだよね。ただ、音楽よりも隣人のテレビが壁に反響した音はもっと邪魔になる。そんな時は耳栓を使ったり、あえて音楽を聴いたりした方が良い時もある。ほんと、人間の声って壁に反響すると、気持ち悪くなってしまうことが多く、直接人間の声は大きくなければそれほど気にならないんだけど不思議。外で遊んでる子供の声なんて全く気にならないんだけどな。

●昼食、夕食は難しい

長時間ライティングする場合に難しいのが、昼食と夕食。特に昼食の扱いは難しくて、今までに何度昼食で作業が終わったことがあるか・・・株の神であるジェイコム男ことBNF氏が、昼食をしっかりと摂っちゃうと眠くなるなんて言ってたけど、ほんと集中力の持続が必要な時は、昼食の扱いは難しいね。

●スイッチライティング

これは個人的に、2つの作業を同時進行でやるライティングで、依頼Aと依頼Bを同時にやる方法。ただ、これもあまりおすすめではなく、仕様が違うことが多いんで、ハンバーガーライティングに見られるような仕切り直しが無駄に多くなる。個人的にこの方法は異常にリソースを食うような気がしていて、作業をやった後の疲労感が半端ない。特に残り5記事あたりの段階で疲労が集中することが多く、今まで30記事近くやってきたのに、最後の5記事が果てしなく遠いなんてこともあるよね。

●伝家の宝刀:キリンメッツガラナ

これは私のカンフル剤。缶の情報によると、コーヒーの数倍のカフェインが入っているようで、集中力を高めたい時におすすめ。なんて書かれている。これガチで本当で、おすすめなのが調子が良い時の追い打ちに。疲れてる時に飲んでもそれほど集中力は発揮できないけど、調子がいい時に飲むと、マジで作業に集中できる感じで、味も香りも最高。
ただ、これって北海道限定商品なんだよね。小学生くらいの時から愛用してます。私の場合メッツガラナの存在が大きすぎて、コカコーラをほとんど飲まない。てか、今はキリンガラナって名称になっていて、メッツガラナのカラフルだった缶がめっちゃ懐かしい

こんな感じなんだけど、最近はまた少し記事書きのスタミナを戻していきたいな~なんて思ってて、こんなことを考えながら、なるべく毎日3333円以上稼ぐようにしている


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

脳内リソース制御はWebライティングの武器の関連記事

    おひとりさまジャンルの活況に驚かされる!!

    いやぁ、おひとりさまジャンルって活発っすね~

    私は基本的にブログランキングは、あまり重視していなかったんだけど、おひとりさまジャンルで書いてみて、こぞって1日1記事を書くブロガーが多い理由がわかった気がした

    私はポイントサイト畑の人間なので、これまで、ポイントサイト、アンケート、クラウドソーシングというジャンルを渡り歩いてきたけど、あまりに弱小ジャンルなので、ほとんどランキングからの流入はなかった感じ

    先日、私の趣味にぴったりなレトロゲームジャンルにメインサイトで参加してみたけど、ほんとにアンタらレトロゲーム好きなん?て感じで、ランキングトップ3に入れても、日に2~3人くれば良いくらいで、閑散としてた

    この日記は、私の考えていることの備忘録、暴言(笑)専用のブログで、主に後から自分で見返す目的が大きいんで、日のアクセス数なんて雀の涙だけど、おひとりさまジャンルで1、2記事書いただけで、普段とは比べものにならないアクセスがあってビビった

    このジャンルにくるにあたって、結構、他ブロガーさんの記事を見せてもらったけど、ウェブライターならではの感性にびしびしくるような自演ブログもあるようだな。私って、どっちかっていったら、その記事を提供する側なんで、こいつは自演だな、こいつはアフィ目的だなってのがある程度はわかる。酷い場合には、コメントすら金出して買う場合があるからね。

    借金ジャンルなんかは酷いもんで、本当に借金に困ってる人を後目に、ゴミ業者が自演記事を量産していたりするからね。魑魅魍魎が跋扈するじゃないけど

    コンプレックス、煽り、貧困ビジネスは、ネット錬金術のキーワードで
    まだ、田舎で調子乗ってんの!!でお馴染みの、陰険だハヤトチリさんが、煽り記事を連発するのもわかる気がする

    しかし、このおひとりさまジャンルの温度を見せられると、確かにアフィリエイトをするのに軽視するのはもったいないコンテンツだと思った。これ、アドセンスでもつけて、1日1記事くらい書いていれば、小金稼ぎくらいはできそうだね
    ポイントなのがランキング1ページ目にさえ表示されていれば、それなりのアクセスがある感じで、アクセスの欲しいブログを始めたばかりの人なんかは、絶対に利用しないと損だとも思った

    ただ、ジャンル選びってなかなか難しいものがあって、例えばポイントサイトジャンルで、ポイントサイトを紹介したって、大体主要なサイトはみんな登録しているから、単なる読み物にしかならないんだよな~。そんな意味で、親和性の高いジャンルを探してわざとズラしてあげるのが良いんだろうね。

    という、田舎者が都会にきゃっきゃ、してましたよ。っていうお話


    最後に

    てか、アフィ目的ブログもある、とか書いちゃったけど、私のブログも結構広告ウザいな(笑。私は自分のコンテンツは自己クリック防止+編集時のスピードアップ目的で、完全に広告ブロックしてるから。この前久しぶりに解除してみて、うざっ。って感じだった。それにしても忍者アドマックスはガチで稼げなくなったな。昔は、こんな弱小ブログでも月数百円くらいにはなってたのに

    やっぱ、初心者は楽天アフィでクッキーをばらまくのが良いね。


    にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

    おひとりさまジャンルの活況に驚かされる!!の関連記事

      おひとりさまの老後の不安【ほぼ一人語り】

      ニート生活も、あと数年で10年をむかえようとしていますが、34歳を過ぎるとスネップなんて呼び名に代わるようだね(笑)

      会社を辞める前は、ニート生活ってどんなんだろう?数年したら、めちゃくちゃ不安になるのかな?なんて思っていましたが、どうやら日本という国は、相当ニートには優しい国のようで、現在に至るまで、ひとっかすりも危機感を抱くことはありませんでした。
      まぁ、ネットで稼ぐのが予想以上に簡単過ぎたってのもあると思いますが。ネットの成功者たちを見てたら、根拠はないながらも、そんな予感はしてたんだよね~

      今回は、タイトルのとおり老後の不安なんだけど、私は強がりじゃなく、本当に今のところ一切不安はありませんね。友人に恵まれている、パートナーに恵まれている、お金がたくさんある。なんてことも一切ないのが私で、むしろ人付合いなんかは、ほとんどないので両親がいなくなって、万が一のことがあったら、めちゃくちゃ大変だと思うけど

      ただ、私は今の世界には、あまり期待していなくて、あきらめの境地が不安感を払拭してくれたと思う。だって、今後日本というか世界は、確実に衰退をたどるだろうし、むしろ西暦以来最大の文化的特異点を体験できたことを感謝すらするほど。ほんと、昭和後半から平成の前半を体験できたことって運が良いと思っていて、この時期はエンターテイメントが最高潮に達した段階。

      人間の思考能力の劣化が著しい昨今においては、今後ゲームや漫画、アニメといったエンターテイメントが、この黄金期以上に輝くことはないと思われるので、そんな時代には一切興味がないということで、あきらめの境地に達することができたよ
      現代社会(世界)は、まさに拝金主義の極地で、残念ながら資本のみで全てが判断される状況の極大期をむかえたような感じ

      上に書いた黄金期って、拝金主義と何らかの価値が絶妙にブレンドした時期だと思っていて、それが私の感性にどストライクを放り投げてきたんだろうな。私はその何かの価値観ってのは、大和魂だととらえてる。
      そして、現在はその大和魂が、消え去ろうとしていて、資本というモノサシのみのつまらない世界になったんだろうね。これを考えると日本の漫画とかゲームが、なぜここまで成長したかもわかるような気がした。

      現在、年金を貰っているような人達は、ある意味、勝ち組で、私の世代もまだマシな方だと思う。そして、今ようやく物心つくような子供たちと、これから生まれてくる世代がとんでもない貧乏くじを引くことになって、就職氷河期世代なんて、可愛く見えるレベルの貧乏くじだろう。

      しかし、世界の中でも日本なんかは、恵まれ過ぎているくらいなんで、ある意味で世界の平均値に向けて下降してるともとらえられるけど

      高次元の民主主義には、お金に真っ向から対立できるくらいの何らかの価値観が必要なんだろうな。どっちに偏ってもダメで、拮抗しているくらいが丁度良い。そこに初めて生まれるのが優れた文化で、今後それを期待できないって確信した時から、不安なんてなくなりましたね。まぁ、元々なかったんだけどね。

      なぜ、こうなったんだ?って色々考えたけど、やっぱり一番の原因は戦争で負けたことだろうな。戦争はやる以上、絶対に勝たなければならない。これは善悪の問題ではなく真理だと思う。日本は核兵器の怖さを一番知っている国なはず?だけど
      だからこそ、核を毛嫌いするのではなく、世界で最も核を有効活用できる国、もしくは、技術革新で核兵器を無意味なものにする。を目指すべきだったんだろうなと個人的に思った。
      そんな意味では、人間的成長という意味で第二次世界大戦で日本の時計は止まっているんだろう

      色々と思ったことを語ったわけですが、どうせこれから凋落することがわかっているのなら、それほど悲観的に考える必要もないんじゃないですかね。私は、今からでも本気になれば、中流層程度の裕福な暮らしをするくらいのお金は稼げると思いますが、そもそもそのお金を使って欲しいものがないのでは稼ぐ気もおきないという。

      ほんと、銭一辺倒の価値観が世間に蔓延するのが、ここまでつまらないと思いませんでした。世間では、平和だの、愛だの、友情だの、平等だの、の価値観がささやかれることもありますが、それもお金の価値観にはまるで抵抗できるレベルに達していなく、世の空気を変えるほどではない

      私はグローバリズムの弱肉強食という部分は認めてるんだけど、なぜそれが資本という観点のみからの強弱だけなのか?は不服。国際金融資本どもに言ってやりたいのが、おまえらが誰の富を吸い上げようとも勝手だけど、寒い世の中だけにはするなってこと

      結局、今の世の中、誰が一番損をしているかといえば、資本でははかれない才能を持った人達だと思う。それを発掘してあげられるのは思考的なバランス感覚だけど、今の世の中には、その肝心のバランス感覚を持った人間が皆無なんだよね。


      日本凋落オッズ

      本命◎ 移民
      対抗○ 日米安保を持て余したアメリカ。激動するアジア覇権。そして伝説へ・・・
      大穴▲ 黒電話覚醒!!!
      △ ゆとり世代~
      × リアルスカイネット。発達した機械が人間を乗っ取る


      にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

      おひとりさまの老後の不安【ほぼ一人語り】の関連記事

        私が初心者ライターに戻ったらまずコレをやる

        ウェブライターとして孤軍奮闘を続ける私ですが、もしそんな私が初心者ライターに戻ったら何をやるだろう?

        もちろん、暴言は一切やめて、誰からも好かれる面白いブログを運営します!!

        なんてのは嘘で、意地をはって、認定ランサーにはなるつもりがないを却下して、認定ランサーになり稼ぎまくります

        ってのも嘘

        そろそろ本題なんだけど、そんな私が初心者ライターに戻ったら、まずSEO会社との間にパイプを作りますね。
        これは、それなりのSEO会社の直下で仕事をもらえる環境を構築するということなんだけど、目標単価は1文字0.4円
        ちなみにランサーズを介してではなく、あくまでもSEO会社に営業をかけて、直接仕事をもらえるよう努力する

        ランサーズのクライアントを調べてみると、実はSEO会社を運営しているクライアントは多くって、そこからたどってホームページからライター募集フォームでアプローチすると良いよ
        ランサーズには馬鹿げた規約があって、手数料を20%をぶんどる癖に、クライアントとの直接取引はしてはいけません。ってやつ

        まぁ、お花畑脳以外はわかるかと思うけどね。(笑)少なくともこの決まりを行使していいのは、手数料が5%以内におさまった時だな。やっぱり、アウトソーシング脳の人達って頭が逝かれているのが多いから、しっかりと防衛せなアカン

        私がライティングしているSEO会社の単価は0.4円より少しだけ低いんだけど、緩衝材としては優秀で、依頼は頼めばいくらでもくれる感じ。そのうち、私の本気のスピードにどのくらい対応してくれるか試してみたいと思っているんだけど、どうにもやる気が起きなくて、ここ最近は5万円前後で推移しているかな。ただ、ランサーズでの収入が0円になったとしても、ここから仕事をもらえる可能性が高いから、収入調整に役立つんだよね。

        私のスピードライティングは下手をうつとランサーズでの評価に響くから、基本はSEO会社直下で作業する時に全開にする。私は結構ぼろくそに言うんで、ランサーズでのクライアントの評価も低いと思いきや、実は結構高いですからね。

        1文字0.4円程度のSEO記事をまとまった数受注できるようになれば、それなりのライティングスピードさえあれば、とりあえず生活はしていけるだろう。私は今付き合っているSEO会社の単価は1文字0.3~0.4円って感じだけど、まず時給2000円を切ることがない
        このスピードは難しいかもしれんけど、タイピングに慣れたライターなら、おそらく1000円くらいは超えられるんじゃないだろうか?

        それと、SEO会社を選ぶ時のおすすめポイントは、若い世代が中心のユルいノリのそこそこの業績の会社が良いと思う。私は、相当この会社にわがまま言わせてもらってるからね(笑。

        自分の居場所って結局、自分がその居場所でどれだけわがまま言えるか?幅きかせられるか?なんですよね~。わがままいわれる方からすればたまったもんじゃねえだろうけど
        まぁ、実際に極度のわがままを言ってしまうと、総スカンくらう可能性もあるんで、自分なりに頭の中で、はかってみると良いですよ。
        例えば、自分がいま務めている会社でどのくらいのわがままが許されるのかな?って、自分に必要性があるなら間違いなく、ある程度のわがままは許容してもらえるはずだ

        他人が自分というストレス、重しに対して、どのくらい我慢できるのか?これが気になるようになったら、人間として1段階成長した証だろうな。念を押しておくけど、実践しろとは言っとらんよ。さらに、そこから、なんとなくその限界点を頭で探れるようになって、もう一段階。人間力の練度は、こうして一歩一歩高めていかなければね。人に対しての迷惑ばかり考えているうちは、序の口


        にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

        私が初心者ライターに戻ったらまずコレをやるの関連記事

          どんなゲーム機にも飛び抜けた名曲があるものです

          ゲーム音楽を追い求めて、色々な名曲に出会ってきたけど、それぞれのゲーム機には超えられない壁といえるレベルの名曲が存在することに気づいてきた。

          『みんなで決めるゲーム音楽ベスト100まとめwiki』

          このサイトは、曲情報を手に入れるのにはめちゃくちゃ役立つよね。ほとんどのゲームの曲情報が掲載されている感じで、サントラ情報まで網羅しているのが良い。曲名なんかも大体ここでわかるな。ただランキングはクソの役にも立たんけど(笑)

          例えば第10回だけど、ウケるのがライブアライブのメガロマニアが56位に入っていて、それより上にFF黄金期のバトル系の曲が一切入っていないという・・・エセにもほどがある。
          てか、このランキングは、特定の時期までに発売されたゲームというランキングなんだけど、真のゲーム音楽ランキングなら、上位100くらいまでならほとんどがスーファミ音楽が占めるはずだろうな



          ●ファミコン

          ファミコンは基本的に懐古補正でもかからない限りは音が悪いゲーム機なので、そうそう神曲にでは出会えない。そんな中で、圧倒的な曲といえば、FF3のバトル2だね。ファミコン音源でこれを作り出すのはヤバい。私が一番好きなバトル系の音楽はビッグブリッヂの死闘なんだけど、時代背景を考えると、それよりも凄いのかも?

          ●メガドライブ

          1番を決めるなら私の知っている限りで今のところガントレットのSortieかな。ガントレットの音楽を知るまではランドストーカーのトレジャーハンターライルかと思っていたけど、Sortieはちょっと飛び抜け過ぎてる。メガドラはまだまだ知らないゲームがあるけど、ちょっと、この音楽を超えるゲームがあるとは思えんな

          ●ゲームボーイ

          ゲームボーイは甲乙つけがたい2曲がトップで、ひとつが星のカービィのグリーングリーンズ。てか、初代は基本的に音がどれも良くて、その中でも圧倒的なのがグリーングリーンズ。そして、もうひとつがカエルの為に鐘は鳴るの王子の冒険だね。この長さの曲を全くだれることなく、GBで再現するのが凄すぎるって感じで、この2つのどっちがトップかは正直選べない。

          ●スーパーファミコン
          ゲーム音楽の激戦区スーファミなんで、まだ結論は出ていないね。サントラとしての総合力なら、クロノトリガーかFF6だろうけど、瞬間火力の高いロマサガ3とかもあるし、聖剣伝説2の総合力も侮れない。あと、最近知った、ごきんじょ冒険隊もダークホースって感じで、一生結論は出なさそうだね(笑)間違いなく、スクウェアが上位争いに絡んでくるとは思うんだけど

          ●ゲームキューブ
          ゲームキューブのソフトはほとんど知らんけど、ひとつ圧倒的なのがある。それがパワプロ11の全日本編のBGM予選の方ね。これゲーム音楽に点数つけて評価するとしたら、私の中でベスト3までには入るんじゃないかって名曲で、この曲、このレベルの割にあまりにも知名度が低すぎるよね。PS2版も発売されているんで、結局聴いている人はいると思うんだけどな。

          ●プレイステーション
          プレステって、ソフト数の割に名曲が少ないイメージ。サガフロ2とか、FF8とかで上位がごっちゃな感じで、まだまだ絞り切れない。単発曲なら、サルゲッチュのラスボス戦のVSスペクターなんかも結構良い線いくと思うんだけど。スパロボ系も忘れちゃならねえな。特にαのバンプレストオリジナル系には、タイムドライバーとかがあるしね。


          またまた、名曲を色々と探していたんだけど、ひとつ印象的な曲があって

          PSの探偵神宮寺三郎 夢の終わりに。ってゲームのEMOTIONSって曲。ジャズ?チックっていうの、バーなんかでかかってても普通に違和感のなさそうな名曲で、推理系のゲームって一切手つかずだから、印象的だった

          この曲を見つけ出したきっかけが、生放送主のよっさん、という人で、よっさんの超昔の動画でBGMとしてかけていて、気になって調べてみるとコレだった、てかコメント欄に答えが書いてあったんですけどね。

          それにしても、よっさんはなぜ、ああなってしまったのだろう・・・。この人は、天性の憎めなさみたいの持っている人だから、私が言うのもなんだけど、悪口とかディスり芸を控えて、ゲーム配信者路線でいけば、確実に今、ユーチューバーとして稼げてたのに非常に残念。

          それと、ポケモンのチャンピオンアイリスはヤバいね。私の中で、フロンティアブレーンと激戦を繰り広げている名曲で、やっぱり任天堂は次世代機の音源の使い方がかなり上手いな。
          てか、スプラトゥーンもそうだけど、現在のゲーム業界で本当の意味で、一番実力持っているのって任天堂だと思う

          ただ、ここはゲームのマネジメントが抜群に上手い会社だから、自社でゲーム機をつくると失敗するんだよな。スイッチとか、いまさらWiiみたいなことしてどうすんだよ(爆笑)迷走感がハンパない
          ハル研のカービィもそうだし、ゲームフリークのポケモンもそうだし、やっぱまだ見ぬ掘り出し物の発掘に専念してほしいものだね。

          ただ、最近はゲームユーザーが終わりすぎてるんで、本当に良いゲーム作っても売れないんだよな。最近の馬鹿ユーザーに売るためには過度なキャッチーさ、が必要になってくるんで、そのせいで面白さが圧迫されちゃうんだよね。そんな意味で、スプラトゥーンというタイトルを、2015年という時期に出せたのは凄すぎて、ある意味ではスマホ脳ゆとり世代と、昭和のゲーム黄金期世代を同時にねじ伏せた作品。ほんと、こんな答えがあったのか!!という感じで

          2015年のゲーム売り上げランキングでは総合4位なんだけど

          モンハン、妖怪ウォッチ、どうぶつの森、ドラクエ、スーパーマリオ、モンスト、ファイアーエムブレムと、いずれもブランド力が非常に高いタイトルが占める中、堂々4位にランクインだからね。これ、みんなが思っているより凄いと思うよ。

          ちなみにスプラトゥーンをべた褒めしておいて、なんですが、実はやったことないんですけどね。ただ、私くらいのゲームのモノサシを持ってくると、あの絵やキャラクターとシステム、アイディア、プレイ動画を観れば、そのくらい想像できちゃうんですけどね。オマケに音も良いという

          最後に

          音に騙されやすいゲーム音楽。

          狂花水月

          これはカービィの割と新しめの作品の音楽なんだけど、グリーングリーンズやグルメレースの足元にも及ばない曲
          とても、ここち良い音を使ってるんだけど、悪く言えばそれだけの曲で、ただ良い音を並べただけの曲
          最近のゲームユーザーについて私思っているのが、ほんとゲーム音楽の評価がなってないな、って点なんだけど、最近は音で騙すゲームが多いこと多いこと。これも影響してるんだろうな

          CROWNEDなんかもそうで、ちゃんと奏でたヴァイオリンの音が悪い訳ないじゃん(笑)。ただ、ゲーム音楽はヴァイオリンの演奏ではないんで・・・

          てか、冒頭で紹介したランキングサイトもそうだけど、ゆとり世代以降のゲーマーには、結構カービィって受けが良いんだね。ランキング1位の曲もカービィだし

          2位にアンダーテイルってPCゲームの曲入ってるけど、海外勢の勢い(笑)。このMEGALOVANIAって曲はめっちゃ良いね。


          にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

          どんなゲーム機にも飛び抜けた名曲があるものですの関連記事

            ジャンル別お小遣い記事

            お得な生活情報ツール|夢と金

            最新記事
            月別アーカイブ
            お小遣い仲間
            相互リンク
            Pick Up
            勝手にごめリンク(夢用)
            最新コメント
            夢と金の紹介

            夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

            この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
            お得な生活情報ツール|夢と金も
            宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

            夢も叶えたいし お金も欲しいの

            お得な生活情報ツール|夢と金

            桜田ネギマ

            管理人:桜田ネギマ

            RSSリンクの表示