ワタシの旅は知らず知らずのうちに終着点付近だった

最近、気づいたことがあります。
それは、わたしのステージは、既に終着点付近なのではないだろうか?

わたしは今、31歳ですが、0歳から30歳までの人生の点を線で結び、その延長線上に何があるか?ここら辺が、最近にようやくしっくり来てる感じで、2つの答えが去年の梅雨明けくらいから出た感じです(笑

まず、ひとつが人間という生き物の思考のレベルが私の想像していた以上に低かったという点で、小学校~20歳くらいまでの私は馬鹿だったのか、これをはかりかねていたようです。よく、20歳くらいの若者が根拠のない自信でなんでも、できるような感覚を覚えることがあるようですが、私は全くの逆でかなり臆病、慎重な性格なので、むしろ過大評価してしまっていたようですね。
これは逆にいえば、他人に理想を求めすぎていたのかもしれないと反省する部分でもあるんですよね。

もう1点の気づきというのが、私の幸せの器は、予想以上に小さかったという点。人には自分が幸せと感じる目安、ボーダーラインというものがあって、この幸せを入れる器が予想以上に小さかった。私って元々、そこまでがつがつしているタイプでも、欲があるタイプでもなくって、幸せのために何かを努力するという、こと自体が無理だったのかもしれませんね。

少し、私の死生観についても触れておくと、25歳くらいからだと思うんですけど、既に今生に悔いなし、という感じで、積極的に死のうとは思わないけど、明日死んだとしても、特に後悔はしないかな?というような感覚もあった。
私は痛いや苦しいが大の苦手の臆病人間なんで、死が怖いというよりかは、死ぬ前の苦痛が怖いという感じなんですよね。
ただ、やはり25歳くらいからなんですけど、親への感謝の気持ちってものも人並みに芽生えてきて、寿命の目標としては、親よりは後に死ぬってことと、兄弟姉妹の死は見届けるってこと、私は結構な確率で独居老人になってしまう可能性があると思うけど、その可能性は兄弟姉妹も十分にあると思う。

私は真の意味で孤独を愛する人間なので、体さえそれなりであれば、全く老後一人なのは寂しくないんですけど、兄弟姉妹は私と違って結構心が脆いような気がしている。

ちなみに真の意味で孤独を愛するというのは、孤独を愛するなんて言葉を使う人間の95%は単なる極度の寂しがり屋だと思っているからです。本当に孤独を愛する人間は、孤独になるためのスキル、距離感の取り方が絶妙に上手くなくてはならなく、はっきりって人付合いが苦手なような人が真の意味では孤独は愛せません。加えて、私は小学校くらいまで、家族、周囲からかなりチヤホヤされて育った経緯がありますので、ある意味で人との繋がりに満足してしまっているんですね。
もし、良好な孤独という言葉があるのならば、それは自分を中心とした周囲との距離感が適度に保たれた状態。これこそが真の孤独なのだっ!!

戯言はさておき、これらを踏まえた上で、私は今後何をしていくのか?

これが最近の人生のテーマになっているような気がする

まず人生の終着点付近というのが、私の理想の限界点付近という意味でもあって、色々と考えてこの次のステップに進むために絶対的に必要なのが他人
そして、現代を生きる他人とでは、次のステップには絶対に進めないこともここ5年、10年くらいで理解した
可能性があるとすれば、全てが整った段階の新しい世代なんですけど、どう見積もっても私が生きているうちには無理。150~200歳くらいまで生きたとしても多分無理だろうな(笑

ちなみに、これはほぼ断言してもいいですけど、思考という意味では人間の劣化はどんどん進んでいくはず。まさに、多勢に無勢で、強い思考の持ち主も、この大きなうねりに飲み込まれてしまうような気がする

私の好きなエンターテイメント業界にもこの兆候はとっくにあらわれていて

ゲーム、漫画、アニメ、お笑い、芸能、すべてがおそろしいくらいに劣化してしまったね。これらすべてに通じるのが思考能力の低下で
そう考えると、1980年代から2000年くらいまでのエンターテイメント業界をリアルタイムに体験できた私たちって、1000年、10000年に1回レベルの特異点に遭遇した感じで、めちゃくちゃ貴重な体験をしたんだなあって思う。これについてはとっても感謝してますね。

私からのアドバイスとして、これから日本が本気で取り組まなければならないのが、教育で、現状ではお話にならないレベルで力の入れようが足りない
さらに、教育改革に対する理解度が必要で、ここは他人の子供のために自分がどれだけ犠牲になれるかの自己犠牲の精神にしか成り立たない

既に20歳くらいの若い連中が自己犠牲を覚悟しなければならない段階に来てるような気もする

また教師は聖職者でなければなりません

教師も人間、それはもちろんですがここは行ける伝説、王貞治さんの名言を借りると

「プロは人間だと思っちゃいけない」「プロはミスしてはいけない」まさにこの言葉に集約されてますね。
つまり、このくらい考えを持っていると、丁度プロフェッショナルくらいにおさまるのではないでしょうか
それを、ツイッターで愚痴、教師は聖職者という理想はやめろ、などとなめたことを言っているようではお話にならない

歴史をさかのぼれば、教育は凶器にもなりえて、子供を殺人鬼に変貌させることもできるくらいです。
実際にどっかの国の独裁者がこれをやって、甚大な被害を出してますからね。

理想の追求、それを守る強い精神力、それを次世代に伝えるためのバランス感覚、最低限この3つが揃った人材が一般市民レベルに存在して第一段階クリアで、それすら至難技

まあ、私の理想論を散々言ってきましたが、私はそれほど積極的に頑張るつもりはなくて(笑

その理由は日本の精神『思いやり』『おもてなし』の差です

思いやりって、人によって感じ方があると思います。思考が発達した人間の思いやりと、思考の発達してない思いやりとでは差があって、両方が本気で誰かを思いやると、必ず差が生じ、私はこの差を損得勘定で考える変わり者で、そこで損をするのが許せない人間でもあるんです。

こんな感じで、私が本気で頑張るってどんな時なんだと考えてみたら、それは周囲の人が全て私と同じくらい、もしくは私以上の思考的バランス感覚を持ち合わせた時点。これは空想中の空想で、クローン技術でも開発して、私のクローンをどんどん量産して、他の星に移住とか壮大な計画になって、ガンダムのコーディネイター、強化人間かよっ、と突っ込みをいれるレベルの机上の空論なんで、まあ無理ですね。

最近よくささやかれている、機械が人間に追い越される、それがあるとすれば、人間の能力劣化しか考えられなくて、もし思考的バランス感覚で機械が人間を上回るようなことがあれば、まさにスカイネットの世界で、人類終わりの時ですね。

人間の脳程度も完全に理解もしていない状態で、それはまずありえないような気もするけど・・・

人間が機械にプログラムを打ち込んでいるうちは、機械は所詮機械なんだろうな

そいで、私がこれから何をやっていくか、私今とっても興味があるのは、バランスの整った思考って感じで、どんな環境がこの思考を生み出すのか?ってのを趣味にして、同じく趣味のレトロゲームでもやりながらゆっくりと余生を過ごそうと思ってます。
ちなみに、ライティングってのは予想以上に私に合ってるようなので、これからも続けて行こうと思う。

そろそろ眠たくなってきたので最後に

これは警鐘ではない、事実だ。


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ワタシの旅は知らず知らずのうちに終着点付近だったの関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事が早く書けるようになりました

こんにちは、いつも情報ありがとうございます。
今日は、いつもお世話になっているのでうれしい報告をします。

以前、こちらのサイトで紹介してもらった
脱毛口コミランキングなびを参考に自由度の高い脱毛案件がさくさくできるようになってきました。

スピードライティングの、こつがつかめました。
最初は、公式ページをまとめることばかり考えていたのですが、脱毛前のムダ毛処理の重要性や、自己処理の危険なことなど前の文章を入れると、かなりボリュームがアップします。
そして、それを美容部門で紫外線美容液にも、応用できました。

ライティングの仕事は、私も予想以上に合っています。
すべての面で、ストレスが溜まらない仕事はほかにはないです。
ありがとうございました。

Re: 記事が早く書けるようになりました

> sakuraさんへ

こんにちは

脱毛系の記事はネタも豊富なので、サクサク書けるようになってくると、やっぱり強いですよね。
ある程度、繰り返しやっていると、頭の中のネタも増えてくるので、かなり量産しやすくなると思います。
というか、美容系は全体的にスピードライティングには向いているネタが多いので
どんどん、扱えるジャンルを広げていくとよいんじゃないですかね~

タイピングスピードは、ある一定レベルになるとなかなか上達しませんが、
頭の中で文章を作る速さは、日々上達していくかと思いますので
そこが効率的に稼ぐポイントになってきそうです。
ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示