キュレーションサイト。すんごいことになってるんだってね

毎度おなじみの遅ればせながら夢野です。
なんでも、新しい分野を切り開く人達はスピード軸の観点から5つのタイプの分類されるようで
その中の出遅れた最後尾2割の集団のことをラガートなんていうらしいんだけど、これはマツオカミキさんというフリーライターのブロガーに書いてあった

そして、ああラガートの意味は全くわからんし、調べる気もないけど、絶対あたしだったらコレだな(笑

なんて思ってた。私は最後尾の1番後ろから全体を見渡すのが得意なタイプだし、そんな自分が好きだったりもする

ちなみに初期多数派としてのアーリーマジョリティなんてのもいて、これは全体の約3割にあたいするよう。その前が本当の意味での先駆者の後に続く者、そして先頭が先駆者。なんて感じなんだけど
私が特に色々と思ったのが全体の約3割になる初期多数派としてのアーリーマジョリティで、こいつらってきっと馬鹿なんだろうな(笑、思ったんだよね
おそらく、こいつらの中には、自分は先駆者、もしくは時代を先取る者と勘違いしてる奴が多数という感じで、ぶっちゃけた話、こいつらと酒を飲んでもマズそうだな、なんて思った

冒頭の挨拶(暴言)は、このくらいにして、なんでもランサーズなんかでも仕事募集がかけられることが多い、キュレーションサイトが散々なようですね
キュレーションサイトといえば、私が真っ先に思い浮かべるのがまとめサイトなんだけど、ネイバーまとめなんかもこれを受けて新要素なんかを追加するみたい

ちなみに仕事をする側としてクラウドソーシングをヘビーに活用するわたしからすれば、キュレーションサイト案件は完全にいらない案件で

とにかく金にならん

以前、1000文字にも満たないような文字数の案件を3000円くらいで受けたことがあるんだけど、文字単価としては1文字3円というかなり高い部類
ただ、スピードライティングの実力者(笑)である私がこの単価で割に合わないと判断するレベルなんで、この段階でまとめ、キュレーション案件は金を稼ぐためにはやるべきではないという結論
はっきりいって、1文字0.5円のサテライトサイトを量産した方が圧倒的に儲かる

まず、これはクライアントに馬鹿が多すぎるってのが問題で、そもそもまとめやキュレーション作成の報酬を文字単価だけで決めてる時点でお先真っ暗
まとめタイプの記事って、10個の内容のまとめ作るなら、10個分の下調べが必要になって、さらにそれをまとめなきゃで、非常に手間がかかる
だから、例えば本格的にネイバーのまとめを作るんなら、1記事数万は貰わんと割に合わんだろうね

ただ、その数万の記事にあたいするレベルのまとめ能力のある人間は、甘く見積もってネイバーユーザーに3~5%、下手するといないんじゃないか?ってレベルなんで、そもそも本来なら現代人たちの間で、キュレーションとかまとめサイトが流行っていること自体がおかしくて、まあ上に挙げたトラブルのようにいつ表面化してもおかしくはなかったんじゃないかな

はっきりいって、ネイバーで10万、100万PVを稼いでるような人達も、別に大したまとめを作ってるわけでもなくて
私からいわせれば、まとめじゃなくて、ただのリンク集
まあ、現代のまとめ文化ってのは、かつての旧ウェブ自体のリンク集が視覚的に進化したものなのではないか?って印象

酷いのになると、1記事全部ウィキペディアを引用をしている記事なんかもあって、それならウィキペディアみるがな(笑ってな馬鹿記事もお手の物な人達だからね。まとめユーザーってのは
それに多数のお気に入りをつける見る方も相当やばいけどね

今回の騒動でネイバーの頭がネット健全化のためのなんちゃらかんちゃら、みたいな発言してたけど、ネット健全化の第一はお前らが退くことなんだよ。って教えてあげたい気持ちもある
そもそも、ネット健全化なんてのは一切必要なくて、情報の嘘と真実を見極められない人間がネットを辞めればいいだけだからね

それと、ネイバーまとめなんだけど、これは検索妨害もはなはだしいって感じで、記事書きの際の情報収集で検索結果トップ3あたりに君臨して情報収集をとにかく邪魔してくる
基本的に薄っぺらい情報しかないので、参考にするにしても、文字数を稼げないんだよね。だから、結局ほかのサイトで調べ直すことになる

ただ、ネイバーまとめについては、文章の起点としては意外におすすめで
特定のお題に対して、自分でキーワード選定をする場合の、題材探しなんかには丁度良いんじゃない
まあ、つまりは質の低いまとめも読み手の技量次第でクソはクソなりに使えなくもないってこと、まあ実際クソも肥料になるわけだし

少し大それてるけど弘法筆を選ばずといったところかな?


まあ、ただ今回はキュレーションが槍玉にあがってるけど、ネットなんて元々、信用度が著しく低い場所だったし
ネットを頻繁に使ってる人自体が思考の概念が基本ぶっとんでる人が多いんで、何もキュレーションだけが悪いというわけではないんだよね

ネットの人達の思考の概念の基礎がぶっ飛んでる一例として例えば、私の使っているクラウドソーシング界隈でのお話

ある程度稼げるようになったライターさんが講師として金とって講演会、ライター教室なんてやるけど

概念がぶっ飛んでる人達は、ライターから講師への華麗なる転身(マネ虎風、を遂げるための過程を完全に無視するというところ

ライター技術を極めたからといって、それを教える術を極めているわけはないはずで、少なくともまともな人間は金をとろうとは思わない
私の基準では20万、30万稼げるライターが、月額20~30万稼いだライターによるライティング教室を金を盗ってやるとしたら

最低基準としてその教室に参加した人達は、全て月額20~30万以上は一度は達成しなきゃならないと思ってる

それ以外は広義的な意味での詐欺にあたると思ってて、昔与沢翼が流行っていた時に、秒速で1億で稼ぐための勉強会
的なニュアンスなのが流行ってたけど、これで金とってセミナーをやるなら、もちろん参加した人は全員秒速で1億稼げるようにならんと詐欺やわな

これを知ってればまず間違いなく、自分が金とって講師をするのはおこがましい、って結論にいたるはずで、本来日本人はこの奥ゆかしさ、遠慮ってものを心のどっかに持ってる人種だと思ってたけど、どうやらアメリカンナイズ、グローバル化によってそれを捻じ曲げられた不良品が大多数生まれてしまったようなんだよね。ユーチューバーなんてこれの最たるもん

まず、ここら辺の奴らが持たなきゃだめな考えとして、自分が成功できてるのは、自分に比べて圧倒的に考えが足りない人達(馬鹿)を騙しているにすぎないということ

あと、この事実の免罪符として『きっかけ』という言葉を使う人が多数いるけど
安っぽいきっかけはタダで差し上げろって感じ
私も自分のライティングについてブログに書くことはあるけど、絶対に金を取ろうとは思わない
ちなみに私のスピードライティングの技術は、極めれば月20~50万は確実に稼げるようになるんで
方向性は違えど技術の練度としては、そこらへんのウェブライターが金取っている、技術や知識とそこまで大差はないよ

そういえばこんな人もいたな
月収50万から100万の稼いでいるウェブライターの方でランサーズ公式に招待されることもある方なんだけど
ブログで稼ぐ秘訣なんてのを書いていて
でも、自分の稼いでいるジャンルは教えません(笑

これ見てめっちゃうけたんだけど、この人が50~100万を稼ぐ秘訣は、もうその競合相手が少ないジャンル以外の何者でもないはずで
そこについて教えてくれないんなら、そもそもあなたの稼ぐ秘訣自体に意味がなくなっちゃうっていう
まあ、自分の飯の種をそうそう教える馬鹿はいないだろうけど、じゃあライティング講座自体意味がないじゃんっていう矛盾

ちなみにこの業界は競合が相手が少ない場所で隙間産業をすれば他の業界に比べて100万くらいまでなら楽に稼げる業界です


あと、クラウドソーシングのライター部門の限定になっちゃうけど

現状の業界であれば、20万まではだれでも稼げるからね。そもそもそこに商品価値をつけるセコさなんだけど
仮に20万稼ぐためのライティング教室をやるなら、技術についてじゃなくて、やる気についての講演になるだろうね
だって20万稼ぐために必要なのは技術じゃなくて、やる気なんだもの

ウェブライターで月に20万稼ぎたいと思ったら、誰かのご教授を受けるんじゃなくて、まずは書くことを続ける。これ一点
これさえ続ければ、初めて2ヶ月くらいで20万は達成できるはずだよ
まあ、アルバイトを3つ掛け持ちして、月30万、40万稼ぐのと同じ感覚だろうな

今回はあえて極論中の極論で記事を書いてみたけど、私がキュレーション騒動に思うことでした~~


ちなみに、冒頭のお話なんだけど、この新機軸のトップをいく先駆者ってのは、大体の場合は馬鹿をだまして搾取することに完全にマヒしてしまっている人達のことを指すとも思ってる
ネットにおける先駆者は、野球でいうところの野茂英雄とは全く別もんだからな。肝に銘じておけっ

この安っぽい先駆者を量産する傾向にはイラっとくるよね。そして、エセ先駆者に仕立て上げられて有頂天になってる奴らもイラッとくる
結局、今日の記事はこれを(赤文字)言いたかっただけですwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

キュレーションサイト。すんごいことになってるんだってねの関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

こんにちは、いつもアドバイスありがとうございます。
クラウドソーシングサイトで月20万。
平凡な地方主婦には、とても助かります。
これは、0.5円以上の案件を想定されているでしょうか。

Re: こんにちは

> sakuraさんへ

こんにちは~

0.5円以上の案件というよりかは、時給1500円から3000円くらいの仕事と想定しております
私の場合ならば、0.4円の案件で、毎日休まず2時間で10万円、4時間で20万円という感じなので
そこはライティングスピードによって異なってくるのではないでしょうか。
1文字、0.4円、0.5円という単価帯の仕事には効率で0.2円同等のような仕事もたくさんあります
そして、それの良い例が今回取り上げたキュレーションサイトの案件で、まとめ案件は基本的に効率的に稼ぐのには不向きかと思われます
まとめサイトに良い記事をあげてしまうくらいなら、sakuraさんのように自分でサイトを作って
アクセスやアフィリエイトの観点から稼ぐ方がよっぽど後に繋がるのではないかと思いますね

また、私が以前教えた別サイトにも書いていたかと思いますが、SEO対策サービスを提供しているような
業者の直下で依頼をもらえるようなパイプも作り上げておくと後々役立つかもしれませんね
私もランサーズ以外にいくつか直接やりとりしている会社もあって、時には収入的に助けられることもあります

それと、気楽にやりたいなら、sakuraさんのやっているシノビだとか、ランサーズのタスクだとかよりライトな感じで取り組むのもよいのではないでしょうか。
ランサーズのタスクを見る限りでは、十分タスクだけでも月20万くらいなら可能なはずです

そして、最後にやっぱり重要になってくるのは、根性論になってしまいますが、気合いですね(笑
私の場合0.5円で取り組みやすいのならば時給3000~4000円くらいいくんですけど
1日1時間ならどんなに頑張っても月10万が限界です
でも、これが10時間になると100万近くなわけですからね

クラウドソーシングを使って大きく稼ぐためには、私のように効率を極めるか、ランサーズで表彰されているような有名ランサーさんのようにライティングに+αの付加価値を加えられるようになるしかないんじゃないですかね~

ありがとうございます

コメントありがとうございます。
効率を上げて、時給をアップさせるようにしたいと思います。

プロジェクトも受けたのですが、効率が悪いと感じました。
ランサーズのトップにはとてもなれません。
sinobiやたすくでも、10万は行けると思っていましたが
20万も行けるのですね。
(普通の人が働く8時間として)
1500×8時間で12000円なので。
ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示