今後のwebライティングはテキストの質重視の時代?

ミスマッチなアイキャッチの外人に辟易する昨今、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回はある記事に目が留まったので、それについて書いてみる。その記事は、ウェブライターの文章の下手を血祭りにあげるような記事だったんだけど、記事の中に、今後のウェブライティングはテキストの質が重視される時代。なんて言葉があった

これについて、私の個人的な意見なんだけど、私としてはそれはない、なんて思ったりもする

近年になって感じているのが、現代人の読解力のなさで、文章から何かを読み取る能力が異常に低い気がする
これは言葉からその人の心情なんかを読み取る能力とも通ずるかと思いますが、ある種、日本語圏に住む人達の特権、美徳ともいえる部分だと思う

これは、いわゆるゆとり世代特有の現象なんてささやかれることがあるようだけど、ネットユーザーに限定すれば、年代は関係ないようにも思う

そして、私はほぼ確実に読解力の低下は、今後はより進んで行くと思ってる。

そう高齢化社会と同じですね。

どんなに質の高い文章を掲載しても、それを読み取れるユーザーがいなければ、はっきりいって無駄になるだけだからね。ならば、コストパフォーマンス重視になるのは道理だよね。

その記事を書いている方は、どうやら紙媒体のライティングを生業にする方のようなんだけど、私から言わせれば、ウェブライターと紙媒体のライターと比べることにあまり意味はないと思ってる

私は、ウェブライティングで稼ぐなら、ライターとしてではなく、ウェブライターとしてのスキルを身につけるべき、と思っているタイプで、紙媒体のライターとウェブライターとじゃ、そもそも求められるものが全然違ってくるからね。
そして、この考え方をできないがために、ウェブライターとしてまとまったお金を稼げない人もたくさんいると思ってる

両者の違いをネットスラングであらわすなら、効率厨と体裁厨で、もちろん紙媒体の御仁が体裁厨。私は、紙媒体の連中って、やたら文章の体裁にこだわる人が多いと思ってるんだけど、これって、よくよく考えてみると、紙媒体のルールに、ネットのルールが被さってくるのが、許せないんだろうね。

そんな意味では、近年のクソゲーばかり作ってるクリエイターもしくはゲーム会社にいらだちを覚える私と似たような感じなのかも?

仮に、ウェブライティングで体裁を整えた文章を使い、おまんま食ってくってことを考えるなら、これまでの経験から1文字手数料抜きで0.8~1円くらいの単価が欲しいと思ってる
ランサーズをはじめとする、クラウドソーシングでこの単価も貰うって、ことになったらどんだけ限られた人数になるんだ?ってくらい絶望的な数字

それと、その記事書いた人は、体裁を整えた文章が書ける自分は、一種の職人、みたいなこと言ってたんだけど、ぶっちゃけそれなら、瞬時の判断で記事を量産できる私のスピードライティングも職人芸だと思うんだけどね。(笑

それと、やっぱり文章って、所詮道具じゃん。その人の意図や思いを伝えるための道具。だから、私の考え方では、結局のところ書き手に熱い思い、カリスマ性、人としての格が伴わなければ、質の高い文章なんて成り立たないと思う
例えば、ウェブライティングやってて、難儀する仕事に、中の人、いわゆるその業界を生業にし、精通する人だからこそ書ける文章ってのが求められることがあるんだけど、やっぱり中の人以外にこの壁は超えられないと思う

極論を言うと、やっぱり取材や検索ではこの壁は超えられないんだな。

話は変わるんだけど、冒頭の挨拶ね。最近、アイキャッチが猛威を振るう時代になったんだけど、私はこれめっちゃ気に食わないんだよね。
アイキャッチないと文章を読む気しないって・・・、子供に絵本を与えるのと、同レベルなような気もする


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

今後のwebライティングはテキストの質重視の時代?の関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示