あたしの裏バイト体験談【ネット編】

北海道もようやく夏を感じるようになってきたね。

今でこそ、私はライティングメインで稼ぐようになったけど、思えばネットの金稼ぎも色々な経験をしてきたなぁ~
おひとりさまジャンルにもポイントサイトに取り組んでいる方がいらっしゃるようだけど、実は私もポイントサイト畑出身なんです

ポイントサイト、アンケート、ブログライター、トラフィックエクスチェンジ、果てはリードメールなんてものもやってみたね

今となっては良い思い出になってるんだけど、そんなポイント活動で美味しいなと思った裏バイト的な奴を適当に挙げてみようと思うよ

●FX・株式口座開設(口座開設取引のみで30万ちょっと)
http://yumetokane.blog71.fc2.com/blog-entry-208.html

このページでの実績は25万になってるんだけど、実際にはドル箱で申込んだ分は、家族のアカウントに紹介ポイントが全て入ってるんで、30万は超えていた。これが複数IPアドレスの奥義だっ
これは、結構な一大チャレンジで、ポイントサイト経由でポイントが入るもの、証券会社独自のキャンペーン、もしくはそれを両方得ることが可能か?さらに、ASP独自の案件ないか?まで網羅する感じでやったから、当時獲得できたポイントはほとんどゲットしたと思う。もちろん、スプレッド含む、損失分も計算した、最終的な利益。

●アンケートサイト(最大で月7万)

会社を辞めてから、1年ちょっとポイントサイトのみで暮らしていた時期があって、その時一番稼げたジャンルがアンケートサイト。
まぁ、マクロミル、キューモニターというような会社が提供しているウェブマーケティングリサーチに回答して、ポイントを得て、換金というサービスなんだけど、知っている人ならマクロミルでピンとくるはず

ちなみにポイントサイト、アンケートは月に100円、200円をこつこつと貯めていくというしょぼい金稼ぎなんだけど、私クラス(笑)が取り組んでしまうと、立派な飯の種になってしまうという

ポイント活動系でアンケートは、私が最も自信を持っていた金稼ぎで、最高で月7万円くらいの収入になることもあったよ

ちなみに、実際にやっている人ならこの数字がいかに凄いかがわかるはず。普通に100や200のアンケートサイトに登録して毎日回答してるくらいじゃ、この数字は絶対に達成できないからね。もちろん、企業の客寄せパンダになったとか、座談会に連続で参加したとか、商品モニターをたくさんやったとかの話でもありません。紹介制度も使ってない。

純粋にウェブで回答できるものに限定しての7万で、平均5万くらいは稼げてたな。今では絶対に無理な数字だけど、当時は私のスキル以前に、アンケート業界をはじめ、ポイント業界がかなり活発だったからね。

当時の逸話として、あまりにも商品券が家に届くんで、郵便局のおじさんにドン引きされたことがある。ほんと、毎日のように換金申請してましたね。それに比べ、アンケートもかなり下火になりましたよね~

●某人気守銭奴スマホゲームのアカウント売買(25万程度)

スマホゲームのアカウントってガチで売れるんですね。しかも、課金1000円程度のデータ。一番値段が付いたので9万ちょっとで、膨大な時間を失ったという点以外は、損失どころか89000円の利益になり。複数あったアカウントもまとめて売ったので、全部で20万以上にはなった。
お得ガチャだけやって、後は無課金で貫いていたので、ぶっちゃけこのゲーム一番楽しんだのって私じゃん感が凄かった。アカウントの質もトップクラスの集団の後ろの方につけていた感じで、名前は伏せますけど、このゲームほんとに無課金に優しすぎた。まぁ、私のブログを以前から見ていた方はわかると思いますけどね

●某クルマレビューサイトの口コミ投稿作業(笑)【時給8千円】

これはポイントサイトの案件に某クルマレビューサイトの口コミが投稿作業があって、それに延々とチャレンジしてた。とはいっても、数万円程度の稼ぎなんだけど、時給が異常だったので記憶に残ってる。その当時は、なぜかスーファミのウィザードリィ6にハマっていて、あまり時間が取れなかったんだよなぁ。

●文化放送ラジオCM大賞

私の案件参加を加速させた伝説の案件で、1分で思いつくようなラジオCMを延々と投稿して1件150円をゲットするというバイト。
これも毎年数万円になってたんだけど、ある時からひとり5件と制限がつけられるようになったね。
ちなみに、その制限がかかる前の年に、私は800件くらい送って、ほとんど却下になった経験があります。私のせいか?(爆笑)
20万円くらい入る予定が、流石の運営も常軌を逸した投稿に、反応したのか私の参加が最後になった年は1万くらいの稼ぎで終わっちゃいましたね。このCM大賞自体は、今もやっているのかな?

もしかすると、こんなキチガイを全却下にするとモンスタークレーマー化して発狂すんじゃねえか!!ってことで、お情けの1万円だったのかもねwww

他にも、ナメタ出会い系サイトに延々と登録して商品券を貰いまくったりしたこともあるな

ざっと思い浮かぶのはこんな感じで、この当時のポイントサイトはほんと楽しかった。ポイントサイトが賑わってたのももちろんだけど、この当時は人も賑わっていて、色んな人がポイントサイトやってたんだよね。今は、私がよく読んでたブログの人達もほとんどがポイント活動をやめちゃってて、現に私も、ほとんどライティング一本になっちゃったからなぁ

やっぱり、私がスタートした当時からいて、今も元気にポイント活動をしている人達って、真の猛者だと思います。ネットは、継続が力なりがモロに反映されるコンテンツだからね。

言葉悪いけど、大したことない人であっても、継続さえしてれば、案外ファンになってくれる人っているもんで、実はアフィリエイトなんて精力的に続けてさえれば、誰でも必ず月数万は稼げるんですよね。まあ、問題はそれがいつになるかの話だと思うんですが

ちなみに、私は本気でアフィリエイトに取り組めば、月数十万くらいは絶対に稼げる自信はありますね。ただし、それを時給換算した時、ライティングに比べると、圧倒的に劣るという結論に至ったからこそ、ライティングを選んだわけなんですが
それと、アフィリエイトって結局、頭の悪い人達を欺くって行為が必要になってきて、それがあまりにもキモイので、私には合わないんですね。
私には、そんなアフィリエイトで頭の悪い人達を欺く、頭の悪い人達を欺くっていうのが合っている気がします。ハムラビ法典的にね。それを体現できるのがライティング業界でもあって、アフィリエイターに記事を売るのがメインなわけだし

断言できますが、現状のアフィリエイトは99%が頭の悪い人達にアプローチして稼ぐという手法です。という意味で、グローバル化とは非常に相性が良いんですね。
利用者は喜んでくれているから大丈夫。この意見はまともな人間には一切通用しないって感じで、頭の悪い人達って自分が騙されてるか、どうかなんてわかってないしね。

アフィリエイトで稼ぐ理論は、月100円、1000円を稼げるサイトを完成させた時点で、構築されていて
いったら、それを100、1000という数作っていけば良いだけですからね。ネタは腐るほどあるんだし

ただ、ライティング業界をみてると、月1万も稼がずにやめていく人達が多くて、ライティングもアフィリエイトも、難しいことが問題なんじゃなくて、圧倒的に足りないのは取り組む人達の根気。ほんと、現代人は根気、根性がない
そんな意味じゃ、ライティングを1年以上続けられたってだけで、もしかすると才能といえるのかもね。


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

あたしの裏バイト体験談【ネット編】の関連記事

リライトスキルを高めて後出しジャンケンに勝つ

ライティングを生業にして結構な月日が流れましたが、その経験からこの商売にリライトスキルは欠かせない、という結論に至った
リライトについては、人それぞれ色々な定義があると思いますが、私のリライトの定義はバレないコピペです

ちなみに、こんな考え方をしている私ですが、1万は軽く超える記事を書いてきましたが、一度もその他記事とのバッティングが原因で却下を食らった経験はありません。納期の遅れで損害賠償をされそうになった経験はありますが(爆笑。しかし、所詮は民事と強気ではねのけたら、案の定、それ以上進展しませんでしたが

まぁ、厳密にはコピペという作業は行いませんが、世の中に出回っている記事は、すべてリライトのようなもんで、全世界に本当の意味でオリジナルの記事を書ける人間なんて、100人と存在しないでしょう。

私は、オンリーワンならいいじゃん。って意見は耳に入らない人間で、真のオンリーワンとはナンバーワンのことを指しているので、わざわざそんな負け犬の遠吠えをする人間がオンリーワンなわけないものね。それに、本当にオンリーワンなら、わざわざ、声や文章にして、オンリーワンを叫ぶという、周囲を巻き込んでの自分の位置確認なんて必要ないしね。

さて、タイトルにリライトは後出しジャンケンなんて書きましたが、これがリライトスキルを高めるとWebライティングでは強いことの証明なんです。

自慢じゃありませんが、私は世の中に出回る90~97%程度の記事ならば、リライトでそれ以上の文章にする自信はありますね。もちろん、時間さえかければの話ですが

リライトには同じ意味を別の文章で表現するという方法もありますが、新たに加えたり、削除したりする手法もあって、ココには私の長所でもある必要な物事を見極めるが最大限に発揮されるんですよね。

というか、後出しジャンケンなんで基本的には、勝てて当たり前で、結構有名な作家さんなんかの本を読んでも、これ私が加筆したらもっとよくなるわぁ~、とか

これ有名な漫画雑誌だけど、素人の寄せ集めですか?私が内容考えた方がええんちゃうか?的な奴がみなさんもあるでしょ

私がWebライティングで楽に稼げたのには、このリライトスキルがあったのではないか?なんて、お話

オマケ

有名な漫画雑誌が素人の寄せ集め。こんな暴言を吐きましたが、これ少年ジャンプのことです。
本日、驚愕したことがありまして、ニコニコニュースで、1994年の連載陣のお話があって、この時代はまさに私のタイムリーな時代なんだよ

ほんと、凄まじい連載陣で、最低がブリーチレベル、最高がレジェンドって時代、ドラゴンボールを中心に、ダイの大冒険、るろうに剣心、ターちゃん、ジョジョ4部かな?、忍空などなど、当時のジャンプ色を体現するような王道バトル系漫画が乗りに乗ってた時代だね。

スポーツ系では、スラムダンクを筆頭に、キャプテン翼、マキバオー

お色気+バトル系では、ぬ~べ~

その他、ボーイ、ラッキーマン。もちろん、週明けの読者の拠り所、こち亀も連載中。ほんと隙のない連載陣で、最近の若い子は、この連載陣を見て、パッと見で凄いと思えないのは非常に残念だよね~。まぁ、当時を知らんので当たり前だろうけど。しかも、このニュースはジャンプ復刻版に関するニュースなんだけど、たまたまその号は桂正和の特別読切もやってて、後のアイズ人気を予感させるような感じだった。でも、ここから続々と人気漫画が連載終了で、ワンピースが始まるまでの暗黒期を迎えるんだよね~

これに比べると、最近のジャンプはお話にならんレベルで、不定期休載を交えての延命に次ぐ延命措置のワンピース、月1連載の新ナルト、俺流連載のとが神(富樫)、とここら辺の大御所に引っ張ってもらわなければ、まったく価値のない雑誌に成り下がったね。
私が、イチオシの火ノ丸相撲も、さすがに終わるだろうし

てか、富樫さんってドラクエ発売のちょっと前に頑張る傾向があるんじゃない?wwww、なんか前もそうだったような。それを考えると、ゴミ屋敷でドラクエ5に童心のような笑顔で臨むあの伝説の写真が脳内で蘇るな

やはり、平成のぬるま湯につかりきった、ゆとり以降に面白い漫画をかけ、ゲームを作れ、といっても荷が重すぎるのか?加えて、評価する側(消費者)も腐り切ってるのも厳しいね。

私はゆとりの対極として老害という言葉を使ってたんだけど、先日、老害に対極する言葉として若害はないのか?と検索してみると、やっぱりあった!!パソコンの前で、ひとり『やっぱりな~』を発してしまったんだけど、『じゃくがい』と読むようです。
私は自分のことを狭間世代なんて表現することが多いんだけど、それがまさに若害と老害に挟まれた世代だからこそ、狭間なんて表現を使っているんだよね~

ゆとり世代以降に言いたいこととして、間違いなく言えるのは、評価基準という意味では、圧倒的に上の世代の方が優れているという点だね。だって、平成世代には決して体験できなかった、時代の変化を肌で感じてきているわけだからね。このモノサシの差は、軽視できるものではない

まぁ、ゆとり世代以降の人達からしてみれば、その時代しか知らないんだから、何を言っても理解できるわけがないんですけどね。だって体験してないんだもん。それを解消する安易な答えが老害という言葉なんですよ。その逆(ゆとり、若害)もしかりだけど

これを解消するためには双方、歩み寄りの精神が必要だけど、ぶっちゃけ、なんでモノサシのレベルが低い方に高い方があわせなならんのだ。けしからん。ってことで、歩み寄る気なんて毛頭ないんですけどね(笑

そう考えると、現在の85歳、90歳、95歳という方々は古き知識として非常に貴重だなあ。なんて最近思ってますね。
昭和から平成が変化だとしたら、この時代の人達は、まさに激動だからね。レベルが違いすぎる

そんな意味では、私の祖父、祖母といった人達はどんどん死んじゃってますが、今おもうと、もっと話聞いとけばよかったな~、なんて思う

オマケの方が長いという(笑。このブログではよくある光景です


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

リライトスキルを高めて後出しジャンケンに勝つの関連記事

日給2万7千円のアルバイトをしてきました

いやぁ~、ひさしぶりに8時間以上のライティングをやったわ
以前、仕事をもらったクライアントさんから、1文字1円くらいのまとまった依頼をもらったから、これはチャンスと思い、久しぶりに長時間ライティングをしてみた
といっても、全盛期の15時間とかではなく、大体8時間くらいだね。平均時給は3000~4000円ってことで、やっぱり1文字1円の単価で簡単にできる案件があると、サクッと稼げるよね

8時間なら、みんなが外で働いている時間と同じなので、これを30日で81万。やっぱり、現実的な月100万のラインは、1文字1円くらいの依頼を定期的にくれる人を5人くらい用意するのが目安になってくるのか?

ちなみにライティングの品質なんだけど、私が普段やっている0.3~0.5円のライティングよりも、少し気をつけている程度。はっきりいってかなり難度は低いと思う

今回、私がサクッと稼げたことに関係するスキルは、クライアントの選定で、クライアントの単価意識を突いたのがポイント
この依頼は少しスピード重視で書いたんで、前回の時より少し質が低いデキなんだけど、終わってると短い納期で、高品質で納品してくれてありがとう。と、お礼メッセージまで貰えたくらい

このようにクライアントの中には、記事の質の違いがイマイチわかっていないクライアントさんも多いので、そんなところをダイレクトに突けるか?ってのは長い間ライティングで稼ぐためには役立つんだよね。何より楽

最近、私はランサーズでは1文字1円以上の単価の仕事をやることが比較的多いからなのかおすすめ案件に、この程度の依頼がずらっと並ぶ。結構、色んな案件が掲載されているから、ランサーズについては、かなり単価の高めの依頼がたくさんあるようだね。

それと、今年中にコンピューターのライティングに、単価の低い仕事は全部奪われるって書いていた人がいたけど、今年も半分が過ぎ去ろうしていますが、相変わらずサテライト用の依頼は繁盛していて、いっこうにその傾向は見受けられんな。

また、バカがのぼせ上がって煽った結果なのか?朝鮮半島の危機なんかもそうだけど、なんでも性急に結果を求めすぎ

この間、どっかの馬鹿ユーチューバーが北朝鮮に行って、北朝鮮全然安全じゃん。的な発言していた奴もいたな~

朝鮮半島が渦中なのはなんらか変わりなく、専門家の意見では、まだまだ本番これかららしい

てか、一時期マスコミがヒートアップして北朝鮮報道をやっていたけど、あれってある意味ガス抜き的な意味があるんじゃないか?とも思っていて、早めに国民感情を高めておくことで、いざ有事の際には感覚が麻痺しているという
マスコミには半島関係者がとにかく多いんで、あやしいな

ブッサイ虎さんによってさらにガソリンが注がれそうな感じで、おクネさんとか、李明博の後半あたりなんかは、表立って反日をむき出しにしてたんで、ある意味、愚直でわかりやすかった
ブッサイ虎さんは、裏でこそこそやるタイプのようですね。

そういえば、テロ等準備罪。次はスパイ防止法と諜報機関設立だな

さらに、つけくわえるなら、海外留学生制度の厳格化、純日本製のセキュリティソフト、翻訳ソフト(超高性能)、検索エンジン、パソコンとスマホのOS。まだまだまだまだ、やることはあるな


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

日給2万7千円のアルバイトをしてきましたの関連記事

石田さんチに見た現代社会の縮図。最近は10人に1人しか幸せになれません

遅ればせながら、5月に放送した石田さんチを観た
勢い余って、2016の2回分も観ちゃったんだけど、やっぱこの家族レジェンドやわ~。最近のテレビ番組で、観ていてここまでワクワクするような番組ってほとんどないよね。

そんな中、ナレーターさんが石田さんチは現代社会の縮図だ。なんて言ってたけど、まさにそうだと思ったね。

まず、母である、ちえこさんが抱える、みさこさんの介護問題。要介護4って、ここまで進んでたんだね!!おそらく、テレビ的にかなりの場面をカットしてるんだろうけど。うちの爺ちゃんも認知症が酷いけど、確か1か2くらいだったような気がするな。でも、テレビで見るみさこさんと同じくらいの状態。多分、見えないところで、相当苦労してるんだろうな。

長男のたかゆきさんが、みさこさんの状態を見て、唖然としてたけど、あれマジでわかる。私も最初見た時、言葉を失ったもん。

これからの社会では、こんなのが当たり前で、おそらくもっと酷くなっていくんだろうな~。おそろしいね

しかし、その一方で、長男のたかゆきさんチは、本当に絵に描いたような理想の夫婦で、マジでベストカップルだよね。愛娘のほのかちゃんが本当に幸せそうで、あの様子を見てると、あぁ本当に幸せな夫婦なんだなぁ~って、しみじみ思う。

このたかゆきさんチについては、自他共に認めるレベルで幸せだし、もちろん幸せの基準が高い、私から見てもかなり幸せな部類でしょう。趣味のメダカで雑誌に載る離れ業までやってのけたからね(笑

しかし、残りの兄弟姉妹が長男を追随できていない感じで、まず、めいこさん。典型的な御一人様で、あの広い石田家で、父ちゃんと二人、猫とネットに奔走中のようです。
めいこさんは、個性派美人って感じで、その気さえあれば、普通に結婚できそうだけどな~。割と、あのタイプの女性を好きな男性って今なら多そう。ただ、この人って絶対に口では言わないだろうけど、兄弟姉妹の中で一番石田家を想ってるんじゃないかな?なんて思う。普通に80歳になっても現役で、あの家に住んでそう。今回は珍しく、めいこさんの部屋が映ってたけど、本当に時が止まっているという感じで、懐古主義の私からすれば、少しジーンときた

次に四男のちひろ君。この人はB型かどうか知らんけど、私の中では完全にB型人間で、我が道を突き進むって感じだな。私がこれまであってきた典型的なB型人間の特徴として、ひとつの仕事を長く続ける傾向がある点で、結構職人気質の人間が多かった。私の中では、この人はコレに当てはまるんだよな~。仕事も相変わらず鉄工所のようだし。それと、このタイプの人って、孤独耐性が非常に高く、一人でも結構楽しみを見つけてしまうタイプのような気がする。

続いて、五男と六男のもとき君とゆうじ君。五男はゲーマーということで有名だったけど、なんか普通にイケメンになったよね。塩顔の意味はさっぱりわからんけど、普通にイケメン。ゆうじ君は美容師として立派に成長した姿を見せてくれて、五男と六男の兄弟愛がなんか良かった。きっと仲良いんだね。大人になっても二人でゲームやってる姿がめっちゃ印象的だった

最後が末っ子のしゅんじ君だけど、三男のみつお君とまさに同じ状態だね。父ちゃんからの忍を体現できるか、今後に期待といったところかな?てか、石田さんチの父ちゃんは、元ロレアル化粧品の営業本部長で、元営業成績トップのたたき上げ、ってことで、実はかなり凄い人なんじゃ?

こんな感じで、長女と次男、三男は今回も出演していなかった

四男は少し特殊なんで別としても、明らかに幸せだとわかるのが長男だけで、現代では王道の幸せをつかみとれる人は、10人に1人くらいなのかもしれないね。って話

私は基本的に、自分が幸せだと思っているから幸せって奇弁は一切信用しないんで、そんなことからも今の日本で本当の意味の幸せをつかみとれるのは極少数なんだなぁ。なんて思った

私は、ストレスも一切なく、辛い人生も一切送ってないけど、間違いなくいえるのは幸せではないわな。ちょっとした日常を幸せに置き換えて、無理やり自分を納得させるタイプの人間でもないんで


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

石田さんチに見た現代社会の縮図。最近は10人に1人しか幸せになれませんの関連記事

ザ・ノンフィクションについて やっぱマキさん好きやわぁ~

あたしんちにはテレビがないんだけど、ユーチューブなんかを使って、相変わらず見ている番組もある。そのひとつがザ・ノンフィクションで、私の中の二大ドキュメンタリー番組といえば、NHKスペシャルとノンフィクションだね。

民放は、基本的に安易なバラエティ路線に舵取りした時代が長すぎたので、NHKに比べると、圧倒的にドキュメンタリー番組作りが下手。NHKは黄金期の70~80年代にかけて、完成度の高いドキュメンタリーを数々と出してきたけど、やっぱりその時代の積み重ねが大きいのが、最近でも割と良いドキュメンタリーを作ることが多いよね。

公共放送が反日の盟主というのは、とんだお笑い草だけど、私はNHKの番組制作能力は認めているんだよね~。そして、それに追随するのがザ・ノンフィクションって感じで、スタート当初ほどの威力はないものの、最近も稀に良いドキュメンタリーを作るね。

ノンフィクションの中でも特に好きなのがマキさんというオカマさんを取材した回なんだけど、丁度6月4日から二週に渡って放送されていた

これまでに数回の特集が組まれてると思うけど、今回はなんか以前までよりも突っ込んだ内容って感じで、色々思ったよ

最近はお姉系なんてヌルい呼ばれ方が定着しているようだけど、私はマキさんにお姉は失礼だと思うな。だって、この人は今よりもずっとホモセクシュアル対する偏見が強い時代を生き抜いてきた生粋のオカマさんだからね。
やはり、テレビのタレントとして活躍するお姉系の人達とは、深みが違うね。

この人の考え方で共感できる部分としては、やっぱり同性愛のテリトリーを広げようというのではなく、少数派であることを噛みしめた上で、生き抜こうってところだな。印象的なのが、今度生まれ変わった時は、普通の女か男に生まれたいって部分で、そこには特殊な性的指向ならではの辛さが見え隠れするようでもあるね。

あと、この人って早稲田の教育学部か、なんかにいたようだけど、このような特殊な属性を持っている人が、教育に携わるというのは大賛成だな。私は小さい子供には良くも悪くも色々な大人を見せるべきだと思っていて、それによって生まれる思考的な選択肢は軽視できるものではないんだよね。

江戸や明治は、人間力という意味では、日本の最盛期でもあるけど、だからこそ、この時代に見習いたいものはたくさんあって、個人的には今のところ

廃藩置県(既得権益脱却の部分やその精神)、打ちこわし(権力者に対する抑止力)、寺子屋(教育改革)

この3つなんだけど、なんでも寺子屋では色々な職業の人達が教えていたみたいで、坊さんもいれば、武士もいるし、浪人のような人達もいたようだね。現代版の寺子屋で国民の人間力の底上げができれば、とっても面白いことになりそう。そのためには、マキさんのような人材も、ある意味では貴重だと思うんだよな~

それと6月11日の放送なんだけど、やっぱこの人はプロの芸人なんだな~って思った。ギア入ると、完全に顔つきが変わるもんね。あと、よしえさんは、マジで大変だな(笑。このおひとりさまというジャンルは、老後に大変な思いをする方が多いかと思われるけど、この人達はそれに性の逆転の重しまであって、60なかばの女性の体で介護の力仕事はマジできつそう。80代を60代が介護する。現状でも凄まじい状況だけど、私が年寄になる頃はさらなる地獄が待ってるんだろうね。


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ザ・ノンフィクションについて やっぱマキさん好きやわぁ~の関連記事

ホリエモンに学ぶ(多動力)グローバリストの特徴

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170529-00173521-toyo-bus_all

この記事でホリエモンが多動力こそが最も重要な能力だ!!

なんて、書いてて、これにとても思うところがあったので記事にしてみたいと思う
ライブドア事件ですっかり牙を抜かれたホリエモン、テレビやネットで雑魚相手の弱い者イジメを無双なんて言われ、まんざらでもなさそうな、2ちゃんねる創設者の『ひろゆき』あたりは、私の仮想敵でもあるグローバリスト研究のために、割と出演している動画なんかを観させてもらっている

さて、彼の言う多動力ですが、まさにその通りだと思った。ネット世界の成功者ってまさに器用貧乏の集まりで、彼の意見からも私がネット世界の成功者には大した奴がいない。という理論がわかるんじゃないでしょうか?

グローバリズムの影響が最も顕著にあらわれるのがネット世界で、ホリエモンは上のURLの記事の中で、100点満点中、何点?なんて言葉をもちいて多動力を解説している。

彼いわく、100点満点中どんな分野でも80点を取ることはたやすいらしい。これを指して、器用貧乏なんて言ってる

私がこの部分に興味を持ったのは、私が今最も興味のあるゼネラリスト思考に関係しているから
私の理想とするゼネラリストは歌唱力や運動能力といった、天性でしか得られない部分を除いて、全ての分野で60~80点を取れる人材

これはホリエモンの言い分が正しいのなら、ホリエモン=ゼネラリストに当てはまるんだけど、個人的にはこの人は全分野でせいぜい40~70程度しか取れない人だと思ってます

グローバリストの弱点のひとつとして、技術の練度を軽視しすぎる点があって、グローバリスト、ネット上にはびこるエセグローバリスト共は、そもそも100点満点の基準が低すぎる。という部分がある

仮にすべての分野で80点を取れる人材がいるのならば、それは世界トップクラスで、世界レベルでの80点って、病的な天才を除けば、凡人の極地に値する数字。これを多数の分野って、間違いなく世界の支配者クラスだろう。ちなみに病的な天才ってのは、バランス感覚がないので、基本的には支配者レベルにはなりえないと思っている

私は、器用貧乏ってのは、100点満点中30~40点、よくて50点程度を取れる人材だと思っていて、
万能が60~80点。つまり私がゼネラリストと呼んでいるのは、この万能選手で、60~80点の中に90点をとれるような分野があれば完璧だね。

私は、人の能力を100点満点中何点か?で表すのが結構好きな人間で、今の日本の大多数を占めるのが、様々な分野を平均した点数が0~30点くらいの人達だと思ってます。まぁ、そりゃあ、職業や特性で40点とったり60点とったりする分野が個人個人あるかとは思いますが、平均値はこのくらいだろう。ちなみに、先進国の世界平均もこんなもんだろうと思ってる。日本って教育が遅れてるとか、バカだとか世界の人達から色々言われてるけど、ぶっちゃけそんな差はないと思いますよ。

じゃないと、日本人を馬鹿なんていう国のグローバル化が日本よりも圧倒的に進んでいる現状が説明できないもん。グローバリズムの燃料として絶対に必要なのが大多数の馬鹿で、グローバル化が進めば進むほど、国の平均値は下がっていくんで。まぁ、そもそもが特定層の利益を最大化するための遠大な計画こそがグローバリゼーションなんで、当たり前といえば当たり前ですが

ネットビジネスで器用貧乏が勝つ理屈と、グローバル化によって世界の支配者が富を吸い上げる理屈は非常に似ていて
まず世界の支配者は、グローバル化によって、市場の統一を目指した
この市場の統一というのは何も金銭的な価値観だけの統一ではなく、その他あらゆる価値観の統一も指していると思う

この価値観の統一は、ここ10年くらいで日本でも顕著化していて、それを表すここ最近の社会現象として最も適当なのがAKBブームでしょう。他にも、古くからの車好きが最近の日本車はつまらない、こんな言動もこの価値観の統一に大きく関係していると思います。

もちろん、スマホブーム、SNSブーム、ユーチューバーなる妖怪の跋扈なんかも、価値観の統一が色濃く表れた状況で。フリーセックス、いびつな男女平等、メディアにもてはやされるハーフ芸人等の現代版カウンターカルチャーも、全て価値観の統一による人民統制に絡んでいると思います。

凄まじい状況ですが、日本の場合はこれに戦後の自虐教育という足枷まで加わりました。にも、かかわらず表現の自由という意味ではラストエデンと評されるレベルを保っており、ここら辺の秘密を探ることが、今後グローバリズムに対抗できる強力な武器に繋がるのではないかと、思っています。

なぜ、価値観の統一をする必要があるのか?これは簡単で、固定化された価値観は莫大な市場を生み出すからで、より効率的なビジネスが可能になる。一昔前の商品には芸術性(個性)を感じることができましたが、最近の商品は、ほとんどが、コスト面から徹底的に改良された家畜のエサとなんらか変わりのない味気ないものになっています。そんな意味でグローバル化の行きつく先は、少数の人間とそれを支える多数の家畜という構図なのかもしれませんね。

さて、価値観の統一を語ってきましたが、100点満点をピラミッドの頂点だと仮定すると、そこから点数が下がるほど人が増えていくことになります。そのため、価値観の統一をするためには、価値観のレベルを下げる必要があり、馬鹿でもわかるようにする必要があります。

少し乱暴な理論ですが、日本人の価値観のどストライクゾーンは、おそらく10~30点付近になっているのではないかと思っていて、このストライクゾーンにど真ん中の直球を投げられるのが、まさに器用貧乏というわけなんです
おそらく、60~80点を取れるような優等生は、この価値観を理解できないでしょう。レベルが低すぎて(笑

まぁ、色々語ってきたわけですが、言いたいのは、ネットの成功者なんてのは所詮、器用貧乏程度なので、自分が万能の域に達したなどと勘違いしないようにしましょう。というお話

ホリエモンの言っている、多動力が強いってのは事実なんですけど、日本人としては非常に残念であって、日本人特有の職人気質ってのは80点を82点、90点、そして目指すは100点という地道な努力あってこそのものだと思います。
ホリエモンは、80点を取るまではウサギの歩みでも、100点を取るまではカメの歩みになってしまうので非効率だ。
なんて言っているけど、残念ながらこの考え方は、アートの分野を捨てる考え方で、改めてグローバリストとは相いれない存在であることが分かったような気がします。40~60点のアートがはびこる世の中、なんてのは面白いわけがない。

また、凄いのがカメの歩みでも100点を取れると思っちゃってる点で、断言しますが、あなたには無理です。

そして、今日書いててわかったけど、私の理想とする世界ってのが、80~100点にプレミアムを見いだすことができる世界。
なんだろうな~

ちょっと話は変わるんだけど、上で書いたグローバル化に対抗する強力な武器。これがなんなのかといえば、日本版ナショナリズムだと思ってる。これは一日本人としては、日本的なナショナリズムでなくてはダメだと思っていて、なぜなら日本にはグローバル化において独自の立ち回りができる、母なる海と特殊言語による絶対防壁を持ってるからで、元農耕民族の気質も大きい
これが、大和魂が辛うじて命脈を保ってきた理由なんだろうな。

そもそも、英語ができないことを恥じるより、日本語でグローバルスタンダードに、それなりに対抗できてしまう日本語の凄さを知ろうよ。って感じ。そもそも英語なんてのは、価値観の統一の一手段でしかないのだから。
WGIPのお返しで、世界に日本病(良い意味でね)をまき散らすことができればめっちゃ面白そう。そんな意味でクールジャパンのひとつとされる漫画やアニメなんかは大いに活用可能で

より洗練されたナルトのような漫画を連発して、海外で幼少期をむかえた子供達にアプローチしていくのなんかも面白そう。まぁ、いったら洗脳なんですけどね(笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「多動力」がある人は、次から次に、興味が移り変わってしまい、まったくもって落ち着きがない。モノは忘れるし、なくすし、不注意でケガだってする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不注意の怪我=懲役wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

とはいっても、捕まる前のホリエモンは確かに勢いという意味では凄まじいものがあった。捕まったのも、明らかに出る杭が打たれたな。って感じの理由だったので、少なくとも彼を脅威に感じていた権力者はいたのだろう

なので前科持ちという理由では、特段先入観は持たないけど、最近の彼には全盛期の勢いがまるで感じられないところから、一連の騒動で一生消えない傷を刻み込まれてしまったんだろうね。本人が気づいているかどうかは知らんけど


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ホリエモンに学ぶ(多動力)グローバリストの特徴の関連記事

ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示