ロマサガ3の三の足に驚く!!

二の足。踏む方ではなく、競馬用語の直線で死んだ足がさらに伸びることの方なんだけど、その後さらに伸びるのを三の足と呼んでみた
これがロマサガ3と、どんな関係があるのかというと、二の足を持っているゲームってのは割とあって、私的な解釈でクリアしたゲームをもう一度新鮮味を持って楽しむ
ここには、ヘビー、ライトの中間くらいの入れ込み具合のゲーマーという条件もあって、これがまさに私にピッタリ当てはまる

ちなみに、ヘビー、ミドル、ライトユーザーの解釈は

ライトがゲームをダメにする者(笑
ミドルがコンプリート気質
ヘビーがやり込みプレーヤーって感じ

私は決してやり込みプレイしないから、丁度ミドルより少しいったくらいなんじゃないかな?

さて、二の足の話に戻ってみると、これをもっているゲームをいくつか挙げてみる

・ファイナルファンタジー6
セカンドプレイ時の低レベルクリアは二の足以外の何者でもない
FF5も低レベルクリアは盛んだけど、FF6の場合は低レベルで後半に到達すればするほど、レベルアップ時にキャラクターを強くできる特性がある。これは魔石ボーナスのことなんだけどね。これがやり込みというよりかはコレクター要素に入ってくる

・ファイナルファンタジー8
これもFF6と同様の理由で低レベルクリアでキャラクターを強くできるから

・ドラクエ5(PS2)
これは中級者以上なら誰もが知っているオープントレイバグの功績

こんなん感じで二の足を持っているゲームならいくつか知ってる
ちなみ、幻想水滸伝2とかのアイテムコンプリート要素は、別にセカンドプレイに各段の新鮮味を与えてくれるというわけではないので、二の足ではない

そして、ロマサガ3なんだけど、二の足はお気に入りキャラクターを発掘してのセカンドプレイ
ロマサガ3の好きな部分に、パーティーにテーマ性を持たせて、メンバーを組むという楽しみ方があると思ってて
ロマサガ3はここからさらに伸びて、それがシステム理解だと思ってる

これはおそらく主人公+初期HPなどなどのやり込みの初歩の部分にあたると思うんだけど
そのシステムが非常に奥深いのがこのゲームなんだよね。最近になってその部分を調べてみると、発売からこれだけ経った今でも新しい発見がありすぎた

このゲームはとにかく隠しステータスが多くて、ゲーム中で確認できる防具の性能や技の熟練度、腕力等のステータスはほんの一部って感じで
ゲームやってて、なんかようわからんけど、数値が変化しているな?の正体がようやくわかった感じ

初クリア後からここまで伸びるゲームはなかなかないと思ってて、こんな意味でもロマサガ3は名作なんだろうな~


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ロマサガ3の三の足に驚く!!の関連記事

週刊少年ジャンプの歴代漫画 面白ランキング

先日の週刊少年ジャンプのわたし的、一時代終了を記念して、私がこれまで読んできた漫画で思い出に残っている漫画を語っていこうと思うよ。ランキングではないけど(笑


【ドラゴンボール】

私の少年ジャンプのきっかけ、バイブル。もう、物心ついた頃から身近だったんで、小さな頃はあるのが当たり前という感じだった
本気で語ると何ページになるかわからないんで、ほどほどってことで、今回はドラゴンボールで好きなキャラクター、描写など
まず、ドラゴンボールで好きな描写なんだけど、ピッコロさんと悟飯の師弟関係で、世の中で最も美しい師弟関係だと私は豪語する
特に、サイヤ人襲来前の悟飯とピッコロの修行、ナッパの攻撃から悟飯を守るピッコロ、なぜかいつも絶妙なタイミングで助けにくる映画編のピッコロと、ドラゴンボールで一番好きなキャラクターを挙げるとしたらピッコロだな
次点でベジータかな。悟空に関しては、もう好きとか嫌いとかのレベルではなく、不味いカレーなんてない的な(笑


【幽遊白書】

現在ハンターハンターを連載してるか、してないかでお馴染みの富樫さんが送る心霊ファンタジー
ドラゴンボール連載当時は、ドラゴンボールの次に名前を思い浮かべる漫画は絶対にコレだった
やはり物語というよりかは、バトルの魅せ方の上手さなんじゃないかな、子供の私はそんな物語なんてあまり考えてなかったし
てか、この漫画って技名がめちゃくちゃカッコよいんだよね。
この手の漫画の技名って、狙いすぎると厨二臭くなるし、狙わなすぎると心に響かない、でもこの漫画の技名のネーミングセンスって個人的にはめちゃくちゃ絶妙だと思う

トーヤの魔笛霰弾射とか、ゲンカイの霊光鏡反衝とか、ヨミの煉破反衝壁などなど、とにかくしっくりくる技名が多い
そして極め付けは、やっぱり邪王炎殺黒龍波だね。幽白の技名のおさまりは、ぶっちゃけ初期~中期ドラクエの呪文名くらいのレベルは持ってると思う

厨二の壁をこえるか、こえないかの絶妙なバランス。んなわけで、好きなキャラクターは飛影と妖狐・鞍馬あと雷禅もめっちゃ好きで、ぜひ全盛期のエピソードが欲しかったな


【ダイの大冒険】

これもドラクエ好きで王道バトル漫画好きの私にはたまらなかったな
ただ、どっちかっていうとアニメのデキが非常に良かったこともあって、そっちの記憶が強い
でもアニメ版はなぜかバランを倒して終わるという非常に消化不良感が残る結果となった

モンパレにベタンなんて魔法があって、最近のドラクエでは割とお馴染みの魔法だけど
これって、ダイの大冒険からの逆輸入なんだってね。多分、ポップの奴でしょ

好きなキャラクターはダントツでアバン先生だな


【るろうに剣心】

歴代少年ジャンプ作品でも王道バトル漫画なら10指に入ろうかという感じで、 志々雄編の盛り上がり具合は半端なかったね
ドラゴンボールや幽遊白書ほどの思い入れはないものの、間違いなく名作といえる漫画だと思う
ちなみに好きなキャラクターは瀬田宗次郎と比古清十郎様が3位以下を大きく切り離してランクイン


【ライジングインパクト】

ジャンプでは非常に珍しいゴルフ漫画で、これはかなりハマったなあ
ガチでゴルフ道具一式を揃えてゴルフを始めたかったんだけど、子供の頃だったし、裕福な家庭でもなく、ゴルフ部なんてもちろんなかったので、なくなくあきらめたよ(笑

この漫画の良いところは、少年ジャンプでよく見受けられる人外技を抑えつつ、忠実とまでは言わないものの、あくまでもリアルゴルフを逸脱しない範囲で物語が進んで行くところが絶妙だな
後半はビルフォードやらトリスタンやらすげえのが出てくるけど、それでも漫画の破綻は一切してないからね

同じく私が好きな少年ジャンプのスポーツ系のミスターフルスイングの後半の破綻っぷりと比べてみるとよりわかりやすい

好きなキャラクターはやっぱりトリスタンで、超嫌われキャラクターの須賀川 紅葉さんも案外嫌いじゃありません(笑

ナルトのガイ先生を代表するような暑苦しいキャラクターは基本的に好きなんで


【デスノート】

長年少年ジャンプを読み続けてきた私が№1の異色漫画を挙げるならコレ
だから、読み始めのインパクトは凄まじいものがあって、つかみも上々な漫画だから、引き込まれるように読み進めていった記憶がある
ちなみに、少年ジャンプの実写化で一番成功した漫画だとも思っていて、マツケンと藤原君のコンビは最強、さらに戸田恵梨香さんなんかも超ハマり役だったね
それだけに、その後のキャスト変更での実写化は一切必要なかったね。このコンビを知っちゃうとクソにしか見えない
ついでに言っておくと、るろうに剣心の実写化などお話にならないレベル


【明稜帝梧桐勢十郎】

これは面白いという意味では、他の漫画に遅れをとってるけど、単純に世界観がめちゃくちゃ好き。ちなみになぜか全巻持ってます


【みどりのマキバオー】

これはタイミングが絶妙過ぎて、私小学生の頃、一時期お馬さんにはまった時期がありまして、まあ友達の影響なんだけど
有名馬でいうところの、バブルガムフェロー、マヤノトップガン、サクラローレルあたりじゃないかな
ギリギリ、ナリタブライアンも現役だったような、現役ではなかったような、そんな時代

その辺はダビスタとか、このみどりのマキバオーとか、割とお子様向けの競馬関連グッズが多くて

みどりのマキバオーもお気に入りの漫画だった。これもアニメ版がかなり良い感じで、どっちかっていうとそっちの印象が強い

劇中のカスケードもSS産駒だけど、この時代のサンデーサイレンスの神話は凄かったね
ちなみに馬券じゃなくて、単純にG1なんかの有名レースでお馬さんが走っているのを見るのが好きだった
ノーザンホースパークでトウカイテイオーのレース映像を食い入るように見ていたのが懐かしい、あれ自分でレースで選べるんだよね


【ジョジョの奇妙な冒険】

こちらもジャンプレジェンドとして有名ですが、小さな頃の印象は読みのが面倒くさい漫画、それだけ
その後、大人になってから、大人買いして1部から5部までいっきに読んだ記憶がある
圧倒的に好きなのが4部で、杜王町と愉快な仲間達という箱庭感がめちゃくちゃ好き
ついで王道系の3部、1部、2部、6部、5部かな
ストーンオーシャンだけはリアルタイムで読んでたな


【地獄先生ぬ〜べ〜】

ドラマではお馴染みの教師物なんだけど、意外にジャンプでは少ない
私が読んでたといえば、これと暗黒教室くらいしか思い浮かばないな
こちらもアニメがかなり良いできで、お色気と王道バトルのミックス具合が抜群
私の周囲では男子受けも女子受けも良かった記憶があるな~
ちなみに、こちらの漫画にも妖狐玉藻というハマりキャラがいて一番好きだった
クビさすまた、にロマンを感じちゃった危ない小学生も多かったのでは(笑


【魔人探偵脳噛ネウロ】

今回挙げた漫画に比べるとそこまで古い漫画ではないんだけど、ここら界隈の漫画じゃ圧倒的に記憶に残ってる
松井さんは次作として暗殺教室を送り出したけど
正直、もったいないという感じもしなくはない

暗殺教室も決して悪い漫画だとは思わなかったんだけど、ネウロに比べると物足りなさが残って、それは教師物と探偵物というジャンル間のふり幅の差だと思う
よくもまあ教師物をあそこまでに仕上げたということで、やっぱりこの人は漫画の才能はあると思うけど、最後の最後にジャンルにやられた感が否めない

ちなみにこの人の漫画は絵にめちゃくちゃ味がある。というよりかなり特殊な表現力をお持ちのようで、その表現力がいかんなく発揮されているのがネウロの犯人役の面々だろうな
その表現力で描写の割には、印象に残るキャラクターも多かった
特に好きなのがゴダイと笛吹刑事で、ヤコに振り回される様も良いし、後半の成長した姿も良かったね
ゴダイはキャラクターがめちゃくちゃ良くて、実際に存在したら絶対に好きになるな
犯人サイドではヒステリアが一番かな。途中から子供とヤコ達に向ける顔が逆になっていたのにはめっちゃ笑った記憶がある


【火ノ丸相撲】

ここ最近の連載連中で最も評価している漫画。非常に無駄のない綺麗なストーリーとジャンプの伝統を重んじるタッチで好感触が半端ない
ぶっちゃけあくまでも最近の面白さなら、ワンピースとかナルトとかよりも面白く読ませてもらった



※途中なんだけど、これ相当前に書いた記事で結構書いちゃったから、念のためアップしておく
続きは何を書こうと思っていたか忘れてしまったの


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

週刊少年ジャンプの歴代漫画 面白ランキングの関連記事

ブレスオブファイアについて語ろうぜっ!!

少し前に、リンクをさせてもらっている、こむむさんのブログで、ブレスオブファイアの記事を見かけた
正直、こむむさんからブレスオブファイアの名前をきくことになると思ってなかったんで、タイトルに驚いて確認してみると
どうやらブラウザゲームで新作を出してたんだってね。

そして、そんな新作をブラウザゲームで排出したブレスオブファイアに非常に思うところがあったんで記事にしてみた

ブレスオブファイアといえば、私の認識ではカプコンRPGの主戦力という感じだったんだけど、これがブラウザゲームで出るとは時代も変わったものね。感慨深い

ナンバリングタイトルの6として出されているみたいだけど、確か前作の5はドラゴンクオーターでPS2だったはずだから、随分時間が空いてるんだね
このドラゴンクオーターは、FF2に見られるようなシリーズ中でも異色の作品で私は一切手を付けてない

そして、さらにその前の4、うつろわざるものが個人的に一番ハマった作品。リッチマード重ね掛けのモクジンをサイアスの残光剣で延々と狩って99レベルにまでしたのは良い思い出
当時はちょっとしたところで有名だった電撃プレイステーションの特典CDを使って追加要素を出してまでやってたからね。自宅に多分まだCDあると思うし(笑
もちろん、アイテムコレクターの私はグミオウの剣もマスドライバーも実機で収集していて、全アイテムコンプリートもしたはず
一番ドロップできつかったのは、グミオウの剣よりもチョパムアーマーのマスドライバーだったな

このブレスオブファイアは一応、1~3もやってるんだけど、1と2は3と4の後にエミュレーターでやった

1と2をやって覚えた印象なんだけど、イマイチ何か足りないRPG

1が1993年、2が1994年でどちらもスーファミが母体で、当時を知ってる方ならばご存知のとおり、この時代のRPGはまさに群雄割拠の時代でもあって、FF、ドラクエがブチ空けた風穴を我がものにしようと、どのメーカーも我さきにとRPGを量産していた時代
ほんと、この時代のRPGはドラFの二番煎じ、三番煎じが多く、作品によってはお前何番煎じだよというような出がらしRPGも多かった

このようなRPGの中では割としっかりとした作品になっていたのが、1と2で、それなりに楽しめるんだけど、何か物足りなさもあった

そして、戦線もPSに変わった頃にブレスオブファイア3が出されたんだけど、実はこれもクリアまではやっていない
途中でブレス名物ミニゲームの釣りにハマりすぎて、結局燃え尽きてしまうという

最後に4が自分で唯一購入したタイトルになっていて、なんでこの作品だけハマりにはまったのかと考えると

コレクター要素、グラフィック、世界観、キャラクター、システムと全てが私好みだったからだと思う

キャラクターについては、このシリーズちょっとした特徴があって、主人公が共通してリュウという青年
また、割と過去のキャラクターが出現したりして、ディースなんてのは幻想水滸伝でいうところの、レックナート様的な立ち位置で、仕舞にはマスターのマスターだったというwww
また、4最後の伝承師のババデルさんは、3では1番最初の伝承師で、随分出世したな感があったりと
かなりキャラクター間の伏線が充実してたりと、これもRPG好きには嬉しい要素だった

グラフィックと世界観なんだけど、このゲームは私の好きな少し暗めの雰囲気の世界観で、その世界の中でたくましく生きる人々ってな感じ
FF8の持つ私的箱庭感とも通じる部分があるな、なんて思ってる

そんな感じのグラフィックで書かれ、その世界観で生きるキャラクター達も魅力的で、特にサイアスが大好き
まあ、強いってのが一番の好きなポイントなんだけど、ルパンの次元をさらに無口にした感じも好き
強いという意味ではアースラさんも好きで、リュウ、サイアス、アースラばっか使ってたな
敵サイドでは、圧倒的にリュウの半身フォウルが好きで、これは敵というよりも人サイド、神サイドの2視点で進んでいくゲームだから仲間っちゃ仲間なのか
フォウル編のボスBGMの『戦する神』はかなり好きだったなあ。あとFF5のギルガメッシュ的な立ち位置のカーンちゃんも忘れてはならないよね

システムは仲間同士の連携を非常に意識したバトルになっていて、昨今のゲームの全面的な連携ではなく、やや遠慮がちな連携プレイなのが良かった
あのわかりやすいコンボシステムは評価していて、あれよりも複雑になってたら、おそらくこのゲームにはハマっていないと思う


こんな感じでブレス4はかなりハマったゲームだったので、余計にこれがブラウザゲームでナンバリングタイトルを出したということで、色々と思うところがあったというわけ


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

ブレスオブファイアについて語ろうぜっ!!の関連記事

100%中の100%の確率でゴミクエスト認定!!キングオブクソクエ戸愚呂100%【モンスト】

これは記事にしないわけにはいかないでしょう。
テレビCMからもご存知のとおり、現在モンストでは幽遊白書コラボがやっている
今回のコラボは、こちらのクソクエストをやるまでは、今までで一番良い感じのクエストだなあ
なんて思っていると、見事に戸愚呂100%で台無しにしてくれた

これはいよいよ入ってはいけない領域に入った感じで、先日のメメントモリなんかを見ても、来年のモンストは本格的にやばそうだな
これ案外、3周年イベントの後のユーザーの定着が悪かったんじゃないかって感じもしていて
ご近所もマルチも3周年の後すぐに誰もいなくなった(笑
そんなん状態なんで、露骨な集金稼ぎをやっていて、戸愚呂100%なんて間違いなくコラボでやる難易度じゃないね

そろそろこの会社もつぶれるべきなのかもしれんな。あまりにもアホ度合が凄すぎて、ぶっちゃけボン引きしてます(ピカデリーw

これクリアできた奴は技量が凄いとかいってるやついるけど、このクエストは完全にキャラゲーで、キラーを積むか、飛影を積むか、フィニッシャー3連発でそうそうにボスステージを終わらせるか、強友情持ちを積んで雑魚処理を円滑にするかという感じの攻略法

色々と試した結果

○ エクリプス、飛影×2、シェイクスピア

◎ 飛影×2、シェイクスピア、ロビンフット

というパーティーあたりに落ち着いた、エクリプス入れてんのは、メインに良いキャラがあんまいなかったからで、でもまあ比較的安定するメンバーだと思う

おそらく一番楽なのが、飛影を2体以上積むパーティーで、1体なら入れない方がよくて、それならキラーM以上を入れた方が役立つと思う

次に適正メンバーの考察

◎飛影進化

このクエストの適正メンバーの中では非常にバランスが良い能力で、魔封じで攻撃力はそれなり、砲撃型+キラーの次元斬で雑魚処理もはかどる、さらにSSも複数積むことで十分なフィニッシャーにもなれる
飛影使いのポイントなのが、最終ステージで、最終ステージひとつ手前で、画面下に配置して、開幕付近で鬼と戸愚呂を一緒に巻き込んで黒龍波を撃てればかなり勝てる可能性は高くなってくる。鬼2体以上巻き込み+戸愚呂に200万以上のダメージが開幕で出さればほぼ勝確だろうね。
おそらく黒龍波は聖闘士星矢の紫龍と一緒で、下から突き上げるようにして打てば高ダメージになりやすいのかな
黒龍波が敵にあたる面積についても加味した方がよいと思う
ただ、邪王炎殺黒龍波ってジャンプ漫画の中でも屈指のフィニッシュ技で、元気玉か黒龍波ってくらい有名な技なのに、キラーが乗って250万程度って弱すぎ。はっきりってキラー対象に最大で350万は出してもよかったわ

そういえば小学校の時やたら手に包帯巻いた奴いたなwwwwwwwwwwwwwwwwwww忌呪帯法だっけ

◎シェイクスピア進化

こいつは思わぬ伏兵で、実は幽遊白書コラボのガチャの副産物としてつい最近手に入って、運命的なものを感じる
本当はヴァルキリーとの組み合わせができそうな神化の運用を考えてたんだけど、リスがいないってことでとりあえず進化にしてた
こちらも道中の安定とボスステージでのダメージソースと、このステージにおいては万能選手
どちらかといえばサブアタッカー的な役割で、18ターンの貫通変化はキラーMのおかげで、弱点を正確に縦カン、横カンできれば、ボスステージ1、2くらの戸愚呂のHPはほぼ削り切れる
友情はキラーMの乗る超強貫通拡散弾で、戸愚呂付近で発動されると、かなりの高ダメージが出るよ。
これをそんなに持ってる人は少ないと思うけど、普通に艦隊でもかなり強力そうだな

◎ロビンフット進化

これはキラーを受けちゃうけど、実は攻撃力アップされたら、キラーを受けようが受けまいが終わりのことが多いんで、実は2体くらいまでなら木属性に限り十分に耐えられる
そして、ロビンフットはとにかくフィニッシャーとしての能力が高く、ボス全面においてワンパンの可能性がある
道中も友情が非常雑魚処理に優秀なので、足を引っ張ることもない
面倒ならロビンフット進化2体積んで、ボス2、ボス3をSSで飛ばすのもよいと思うよ。残ったら飛影のSSあたりでとどめを刺す感じで

○アルキメデス進化

魔族キラーELが強力なんだけど、こいつは致命的な欠点を持っていて、SSが弱すぎる
友情もELが乗ることで、雑魚処理にも十分使えるホーミングになってくれるのにもったいない
こいつを主体にパーティーを組んだ場合は、最終面にかなり運要素が絡んでくるんで要注意
ちなみに、最終面もひよこ床の配置は、技量でどうこうなるレベルの配置じゃないんで、最終ステージにフィニッシャーとなれるSSを持ってるキャラがいないパーティーはかなり難易度が高まる

イザナギ零のひよこ床はほとんど苦にならない私クラスのプレーヤーがさじを投げるレベルの配置なんで、素直にSSで突破しましょう

○スピカ進化

アルキメデスと同じような感じで使えるキャラクターで、属性分は不利なものの、SSはアルキメデスよりもずっと使えます

▲ガブリエル進化

こいつも運要素を高めるだけなんでおすすめしない、使うなら2体以上入っていないと十分に電撃での雑魚処理がいきず
はっきりいって、個人的には友撃つけた真珠の進化の方が雑魚処理面では優秀な感じ

▲クシナダ

キラーM以上が2、3体入ったパーティーなら、最終ステージでこいつのSSが使える時点で勝確
ただ、そこまで持っていくのがなかなか大変で、直殴りでの道中の雑魚処理にある程度慣れていないと十分に活かせない戦力だろうね

ダークホース:真珠進化

まだこいつを入れてクリアはしてないんだけど、何回か使ってみたところ妥協枠としてはかなり活躍してくれる
私のは友撃がついてるんだけど、ランダムターゲットなんで多少運要素が絡むものの、ダメージソースとしても、鬼処理としてもかなり優秀
運によっては艦隊でいけるんじゃないか?と思わせる何かがある
ちなみ、SSも麻痺SSなんで、上手くターンをやり過ごしながら弱点が良い位置に連続で出てくれれば、一方的に殴れるはず


思いついたキャラについて語ってみたけど

やっぱり

◎ 飛影×2、シェイクスピア、ロビンフット

このパーティーがベストだと思うよ

しかし、クリアオーブ報酬が5個って少なすぎるだろ。こんだけのクソクエなら10個は欲しかったな
5個とケチなんで、オーブ回復するわけにもいかず、回復分をちまちま使って、今やっと4アカウントまでクリアした
最後のアカウントが真珠くらいしか使える奴がいなくて、強いていうならあとはハンターキングくらいか?

無課金はオーブ回復させられた時点で負けなんでね
爆絶すらオーブ基本回復をしないのに、こんな超究極くらいでオーブ回復するわけにはいかんのよ(自分ルール

オマケ

楽になる見通しの見えないメメントモリの打開策

○あくまでも現環境下では、8ターンでうてる1ターン遅延を出すしかないだろう

○システム改善込ならば、6個以上地雷を持てるマインスイーパーを出す

現状で最高の攻略法はスルー間違いなし
まじで、獣龍馬いない時のシャンバラすら嫌々まわってたのに、超絶風情をスルーする日がくるとは!!
中堅ユーザーは、新超絶、新爆絶、オーブ回収くらいしかやることないのに、周回面倒なクエストつくるなよ

ガチで戸愚呂とメメントモリのクエスト作った奴はこの世から消えてほしいと思ってます

あと戸愚呂80%はクシナダ運極4周回が一番効率的だよ


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

100%中の100%の確率でゴミクエスト認定!!キングオブクソクエ戸愚呂100%【モンスト】の関連記事

モンスト クソクエ注意報続発中!!

モンストの話題なんだけど、ちょっと前は良アップデートやらなんやらが続いて、やや落ち着きめだったけど
最近は、クソクエストが連発してるな

極めつけが昨日のメメントモリ降臨で
3戦目にしてようやく勝てて、かかった時間が20分という激闘

クシナダ零のクエストをさらに面倒にした感じで、モンストのクエストで一番つまらない、難易度は低めなんだけど、超絶面倒というタイプのクエスト

アグナムートX×2、アポロ、阿修羅というメンツを揃えて、あれだけの面倒さだから、間違いなくクソクエストだろうな
もう道中が面倒すぎて、宝箱追加すら忘れるレベルだからな。しかも、2週目の超絶までで唯一、運極になっていない阿修羅が適正運枠という・・・

だったら、もっと使えるキャラにしてほしかったな

あとから調べてみると、どうやらマインなしを連れて、地雷のバトンタッチをすれば、集中してストックできることをきいて
なるほどと思ったんだけど

まず玉ねぎの即死は一切いらない
それと、反射での玉ねぎ処理をもっとしやすい配置にしろ

とにかく玉ねぎ周りの設定が完全にミスってるな

なんの料理の話やねんwwwwwwwwwww

ほんと、アポロさまさまって感じで、今回のアポロはかなり役立つメンバーだね。あと、他属性ではヘラか、弁慶くらいなんじゃない、旧メンバーで貫通重力マインって
弁慶の進化なんて神化と比べちゃうと、まず使わないレベルだからな

ただ、やはりギミックさえはまれば、アグナムートXの強さは際立つよね。地雷拾って弱点叩いた時の火力がやばすぎる


さらに、今回の新イベントのホムミ、バロジカとこれらも超クソクエ

これホムミは集める価値のない能力で本当に助かった。ハクアはでねえし、復活ループがくそ面倒くせえしで最悪、おまけにある程度の星5のメンツがいなけりゃ、Sランクすら取りにくいと、ほっとくと自然とつけあがるのがミクシィだね
まあ、難易度はデストロイアほどじゃないけど、やや簡単なデストロイアに星5制限をつけた。とかんがえれば、いかにクソなのかがわかるんじゃないだろうか

バロジカは雑魚の火力調整が完全にミスってるクエストで、おまけに雑魚の復活数もミスってる
これもサタンの加入によって、エデンでは必要なくなって、ゴッホと茶々の完全上位互換に、サタンがいることにより、亜人種族の恩恵もかなり薄れたおかげで、オーブ回収のみって選択肢がとれて助かった
それより、魔王種族で、わくわくの実がつけれる、貫通ワープ+闇属性が欲しいわ

まあただ前回はやってないけど、おそらくツクヨミ2とサタン2でも、かなり余裕だとおもう。今度の爆絶祭でやってみよう
まさか、運枠1でエデンが2時間に20ドロップ以上できる日がくるとは思わなかったよ。
あれは、エデンの調整ミスの後始末をサタンにさせた感じになったね

これで、現状のモンストには難しいといえるクエストは一切なくなったんじゃない

ただ、エデンの難易度の急激な低下には相当はらたってるユーザーは多いだろうな。そうじゃねえだろ(怒。ってね
私としては、あと数回で運極目指せそうにしてくれたサタンには非常に感謝してるけどね

基本的に超究極までは、ハクア+Sランク編成ができないクエストは、それだけでクソ要素を抱えることになるということを忘れないようにした方がいいと思うよクソ運営は
これも、ハクアをチケット制もしくはステージ前の編成なしで出した時点、メダルシステムを追加した時点でよく考えなかった運営が悪いよね

ハクアとランクシステムは、本当全ての究極クエストで足を引っ張ってるね。これはモンストに比較的熱を入れているプレーヤーなら誰もが思うことだろうな

でも、実はそんなん以前に、ここの運営がダメなのは

モンストの後釜を出せないという部分が一番なんだよね

モンストなんてコンテンツの旬はとっくに終わってんだから、本当はモンスト2なのか、それ以外のタイトルかはわからんけど
そっちに力を入れるべき

終わりがないというのは本当に罪で、後付けにも限度があるだろ

まあ、そのつぎはぎに次ぐつぎはぎ、を許す馬鹿ユーザーもかなりの問題だけど

それと、私に対してはクリアできないからクソと言ってるだけ、という意見は一切通じなくて、クソだからクソなんだよな(笑
まあ、さすがにありすぅさんあたりと比べられると、下手になっちゃうけど、そこら辺の有名モンストユーチューバーと大差ないくらいにはやり込んでるから、モンストというゲームのクソ度合メーターの高低については見極められるし、ボーダーラインもよく知ってるし

さらに、ゲームの黄金時代を知ってるという非常に大きなバックグラウンドがあるし、加えてバランス感覚の見極めが、現代人に比べて圧倒的に上手いしで

まあ、そんじょそこいらのゆとり世代、もしくはゆとり世代に媚びるクソ世代とは比べ物にならないくらい、クソクエストを見極める目はもってるよね。

自画自賛すいません(笑

なんか、最近ライター関連のブログを見ていて、順位がどうのこうのって意見が議論されていることが多くて

人に順位をつけることに対して意味がない、順位をつける人間はかわいそう、なんて意見が横行しているようだけど

私にいわせれば、順位をつけるモノサシを持っていない人間が、そんな意見を言ったところで、意味がないと思ったりもした

まあ本質の部分においては人間に順位なんてものはないけど
現代社会においては、確実に人間の順位はあるし
先進国の申し子たちが、順位に意味がないなんて言うことに、耳を疑ってますけどね
極論中の極論になっちゃうけど、順位に意味がないなら、競争という切磋琢磨によって生まれた、技術についても使う権利はないよな、なんて思う部分もあるよね
ましてやインターネットとかスマホなんて、その技術の最たるもんでしょ

このブログをある程度読んでいる人ならご存知のとおり、私は人にも何でも、順位をつけるのが大好き人間なんだけど
そんな私が現代社会に思うのは、質の低い順位付けが横行しているという点で
なんなら、私にすべて順位づけさせた方が、よっぽど正しいちゃうか?と思うことは多々ある

まず、現代人の7割近く(日本人)は思考においての平衡感覚を持ち合わせていないということで、その時点でまともな順位付けはできません
7割というのはかなり甘く見積もっていて、下手をすると90%、95%ってのもありえるんじゃないかとも思う
まあ、グローバル教育の洗脳を自分で外せない程度の奴が、ランキングサイトなるものを運営しているのが許される時代だからしょうがないよね
そもそも、残りの1~3割という人達は、運が良いのか、脳が強いのか、そもそも戦後教育の洗脳すらされていない人達なんだろうな


そう考えると、質の低いランキングには全く意味はないから、そんな意見を言う人達もあながち間違ってはいないのかも?

ただ、質の高い順位付けは、例えばまともな教育をすることができる教師の選定にも役立つし、世の中をより良い方向に導く政治家の選定にも役立つはず

そう考えると、順位付けを放棄する人間は、先進国を生きるまともな大人とは言えないよね

というのが私の順位に対する意見

自分の居場所を見つけるため、安心するために順位付けをするなんてのは、質の低い人間がやることで
本当は順位をつけるための思考の段階に、ランキングの醍醐味があるんじゃないか、なんて思うこともある

それと、現代人はランキングが間違っていることに対して神経質になりすぎ

馬鹿は必要以上に臆病にならないから馬鹿
しかし、まともな人間ほど自分の間違いに臆病になりがち

その結果、馬鹿の意見ばかりが大々的に取り上げられて、馬鹿が台頭する

私は馬鹿の間違いには徹底的に厳しくいくべきだと思うけど、まともな人間の間違いには自分も他人ももう少し寛容になるべきだとも思う

ちなみに、私は自分の思考における平衡感覚には絶対的な自信を持っているんで、基本的に他人のランキングはほぼ参考にしてませんし、間違っていたとしても、責めようとも思わない

ただ、考えるより先に口が動いちゃうそそっかしいタイプなんで、自分と意見の違うランキングには暴言は吐く(笑
ただ、その暴言には思ったほどの感情は込められてないんだけどね。

他人と競わないことが自然体という意見もあるようだけど、
私のように他人と競う自然体もあるんだよな

そもそも自然体とか考えちゃう時点で自然体じゃないんだよな

本当の自然体を体現するってのは、長嶋茂雄さんのように生きることだとも思っていて、まあ凡人には絶対に無理だろうな
あの人の場合は、国民的ヒーローをしながら、自然体を貫き通した、天才というよりかは人外だからな(笑

落合さんのあの人は人間じゃないと思ってますもん。っていう意見にも妙に納得する


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

モンスト クソクエ注意報続発中!!の関連記事

ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示