おひとりさまジャンルの活況に驚かされる!!

いやぁ、おひとりさまジャンルって活発っすね~

私は基本的にブログランキングは、あまり重視していなかったんだけど、おひとりさまジャンルで書いてみて、こぞって1日1記事を書くブロガーが多い理由がわかった気がした

私はポイントサイト畑の人間なので、これまで、ポイントサイト、アンケート、クラウドソーシングというジャンルを渡り歩いてきたけど、あまりに弱小ジャンルなので、ほとんどランキングからの流入はなかった感じ

先日、私の趣味にぴったりなレトロゲームジャンルにメインサイトで参加してみたけど、ほんとにアンタらレトロゲーム好きなん?て感じで、ランキングトップ3に入れても、日に2~3人くれば良いくらいで、閑散としてた

この日記は、私の考えていることの備忘録、暴言(笑)専用のブログで、主に後から自分で見返す目的が大きいんで、日のアクセス数なんて雀の涙だけど、おひとりさまジャンルで1、2記事書いただけで、普段とは比べものにならないアクセスがあってビビった

このジャンルにくるにあたって、結構、他ブロガーさんの記事を見せてもらったけど、ウェブライターならではの感性にびしびしくるような自演ブログもあるようだな。私って、どっちかっていったら、その記事を提供する側なんで、こいつは自演だな、こいつはアフィ目的だなってのがある程度はわかる。酷い場合には、コメントすら金出して買う場合があるからね。

借金ジャンルなんかは酷いもんで、本当に借金に困ってる人を後目に、ゴミ業者が自演記事を量産していたりするからね。魑魅魍魎が跋扈するじゃないけど

コンプレックス、煽り、貧困ビジネスは、ネット錬金術のキーワードで
まだ、田舎で調子乗ってんの!!でお馴染みの、陰険だハヤトチリさんが、煽り記事を連発するのもわかる気がする

しかし、このおひとりさまジャンルの温度を見せられると、確かにアフィリエイトをするのに軽視するのはもったいないコンテンツだと思った。これ、アドセンスでもつけて、1日1記事くらい書いていれば、小金稼ぎくらいはできそうだね
ポイントなのがランキング1ページ目にさえ表示されていれば、それなりのアクセスがある感じで、アクセスの欲しいブログを始めたばかりの人なんかは、絶対に利用しないと損だとも思った

ただ、ジャンル選びってなかなか難しいものがあって、例えばポイントサイトジャンルで、ポイントサイトを紹介したって、大体主要なサイトはみんな登録しているから、単なる読み物にしかならないんだよな~。そんな意味で、親和性の高いジャンルを探してわざとズラしてあげるのが良いんだろうね。

という、田舎者が都会にきゃっきゃ、してましたよ。っていうお話


最後に

てか、アフィ目的ブログもある、とか書いちゃったけど、私のブログも結構広告ウザいな(笑。私は自分のコンテンツは自己クリック防止+編集時のスピードアップ目的で、完全に広告ブロックしてるから。この前久しぶりに解除してみて、うざっ。って感じだった。それにしても忍者アドマックスはガチで稼げなくなったな。昔は、こんな弱小ブログでも月数百円くらいにはなってたのに

やっぱ、初心者は楽天アフィでクッキーをばらまくのが良いね。


にほんブログ村 小遣いブログ クラウドソーシングへ

おひとりさまジャンルの活況に驚かされる!!の関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

子供が独身希望

うちの子供たち、30歳と25歳の男の子ですがふたりとも、結婚する気がないようです。長男は私たち夫婦を見てというようなことを、言うときもあります。今は家族は平和に過ごしていますが、夫の実家ではへんな空気になることがあります。こういうときって私はどう答えたらいいのか、迷います。

Re: 子供が独身希望

> sakuraさんへ
人生の先輩このようなことを言ってよいものなのかわかりませんが、その言葉はキツイですよね。私なら絶対に言えないです。だって絶対に返す言葉なんてないのわかってますもん。せいぜい、怒って怒鳴りつけるか、泣くか、強がりで平気なフリするしかないですよね。
結婚せずに、生涯独身を貫くのって、生物の子孫繁栄の概念を抜きにするなら、本人の孤独への耐性なんじゃないですかね。
私みたいな変わり者からすれば、そこまで孤独は怖いものではありませんが、定年を過ぎて、独居老人、天涯孤独の寂しさってのは、私も含め、若い世代には想像できないでしょう。それも、一生健康とは限りませんしね。
さらに、二人目のお子さんが25歳とのことですが、ここら辺の新世代になってくると、31の私ですら、何考えているかわからないって感じで、どうなんでしょうかね~
でも、結局、最後に結婚するかしないかを決めるのは本人なんで、親は歯がゆい思いをするくらいしかできないのかもしれませんね。
だけど、今の時代、結婚しない若者が増えたのは、お節介さんが減ったせいでもあると思って、個人的には親戚に強引に紹介された相手と結婚するなんてパターンも別にありなのではないか?なんても思ったりします
他人に結婚相手を強制されて選んでしまう程度の意思力であれば、その他の道を選んでも理想の結婚生活なんて無理に等しいので、本人にはわからないかもしれませんが、実は選択肢を明確にしてくれたことに対して感謝しなければならないのではないか?なんて思ったりもしますね。

私は妥協して結婚するくらいなら、一生独身でよいです。でも現実的な範囲内での理想の相手がいるなら、絶対結婚はした方がよいですよね。そっちの方が楽しいと思いますし。
sakuraさんのお子さんは両方、男性ということですが。結局のところ、女性に妊娠の限界年齢がある限り、性別という広い視野で見た場合、結婚の裁量権は男性側にあると思うので、もしかしたら長い人生で心変わりして、結婚したい。なんて言ってくるかもしれませんよ。

SEOの会社から依頼が

こんにちは、返信ありがとうございます。親としていつも子供を応援したいと思います。

最近SEOの会社の仕事を引き受けました。美容関係です。タスクと違って勉強になることは多いですね。私には書きやすい案件かなと思います。
ジャンル別お小遣い記事

お得な生活情報ツール|夢と金

最新記事
月別アーカイブ
お小遣い仲間
相互リンク
Pick Up
勝手にごめリンク(夢用)
最新コメント
夢と金の紹介

夢と金はネットでポイントを貯めて現金や金券に換金可能なお得なポイントサービスを紹介してます。

この日記は夢と金の運営日記なのでメインの
お得な生活情報ツール|夢と金も
宜しくお願いします。 [下記リンク参照]

夢も叶えたいし お金も欲しいの

お得な生活情報ツール|夢と金

桜田ネギマ

管理人:桜田ネギマ

RSSリンクの表示